フーゴー・フォン・モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hugo von Mohl

フーゴ・フォン・モール(Hugo von Mohl、1805年4月8日1872年4月1日)はドイツ植物学者である。

生涯[編集]

ヴュルテンベルクの政治家ベンジャミン・フェルディナント・フォン・モール(1766年-1845年)の息子に生まれた。ヴュルテンベルク州の上級役人の家系である。 高校時代は余暇に植物学や鉱物学を楽しみ、1823年にテュービンゲン大学に入学した。医学部を卒業後、彼はミュンヘン大学に進み、有名な植物学者サークルに出会い、カール・フォン・マルチウスの助手となり、植物学者としての道を進むことになった。1835年にベルン大学の生理学の教授となり、その年、テュービンゲン大学の植物学の教授になり、終生、その職にあった。結婚せずに、研究室と図書館にいることを好み、顕微鏡を使うことを好み、生物学試料の顕微鏡観察に優れた技術を示した。モールの業績で最も知られているのは、細胞の組織に「原形質」という用語を作ったことであり、細胞説の発展に貢献した

1868年に王立協会の外国人会員に選出された。

兄弟に政治学者のロベルト・フォン・モール、東洋学者のユリウス・モール、経済学者のモーリッツ・モールがいる。

Mohlは、植物の学名命名者を示す場合にフーゴー・フォン・モールを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • Über den Bau und das Winden der Ranken und Schlingpflanzen (1827)
  • Über den Bau und die Formen der Pollenkörner (1834)
  • Mikrographie oder Anleitung zur Kenntnis und zum Gebrauch des Mikroskops (1846)
  • Grundzüge der Anatomie und Physiologie der vegetabilischen Zelle (1851)
  • "Vermischten Schriften botanischen Inhalts" (1845)

1843年から Diederich von Schlechtendalと Botanische Zeitungの発行を行った。

参考文献[編集]

  • Anton de Bary: Mohl, Hugo von. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 22, Duncker & Humblot, Leipzig 1885, S. 55–57.
  • Karl Mägdefrau: Mohl, Hugo von. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 17, Duncker & Humblot, Berlin 1994, ISBN 3-428-00198-2, S. 690 f. (Digitalisat).