フローレス島事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フローレス島事件(フローレスとうじけん)は、1944年4月に、日本軍政下にあったジャワ島スマランで、警察・憲兵隊が、オランダ系住民の抑留所の外で暮らしていたオランダ系住民を含む現地の女性約100人を集めて20人を選び出し、その2ヵ月後に罹病・逃亡した3人を除く17人をフローレス島の慰安所へ連行し、売春を強制した事件。[1]

事件[編集]

女性の選別[編集]

1944年4月中旬に、スマラン[2][3][4][5]、警察と憲兵が、地元のユーラシアンの仲介人の協力の下に[2]、約100人の少女や若い女性を徴集し、性病の有無を調べるためと思しき身体検査を受けさせた後、約20人の女性を選び出した[2][3][6][4]

女性たちは、警察ないし憲兵によって連行されたとも[3][7]、警察の出頭命令を受けて指定日時に警察に出頭したとも[6]いわれている[8]

対象となった女性には、抑留所の外で生活していたオランダ系の女性のほか、中国人インドネシア人の女性も含まれており[6][3][9]、選ばれた20人のうち、7人はオランダ系で、他は中国人1人とインドネシア人だった[2]。ホテルやレストランでの職歴があり、様々な理由で警察や憲兵に好かれていなかった女性が集められた[3][10]

選考や性病検査は、警察署ないし慰安所「スマラン倶楽部」となっていた旧スプレンディッド・ホテルの1室で行われた[2]

監禁[編集]

選ばれた20人の女性たちは、5人ずつホテルの部屋に監禁された[4]。1人あたり50ギルダーを手渡され、受け取りを拒否すると、殴る蹴るの暴行を受けた[4][11]。女性たちは、スマラン倶楽部で性的サービスを強要されたともいわれている[7][6]。怒った女性たちの家族や友人がホテルを取り囲んで抗議した[7][3]

スラバヤ行[編集]

翌日[3]、女性たちは汽車に乗せられ、スラバヤに移送された[3][7][2][12]

フローレス島行[編集]

2ヵ月後、1人が病気になり、2人が逃亡したため、残る17人[13]が船でフローレス島の慰安所へ送られ、売春婦として働くことを強制された[2][3][6][14][4][15]

慰安所生活[編集]

慰安所では、ノルマがあり、1人が午前中に20人の兵士、午後に2人の下級将校、夜には幹部将校の相手をすることが義務付けられていた[4]

女性たちは、1945年6月頃まで[16]フロレス島の慰安所で働かされた[2]。この間に少なくとも2人が妊娠し、出産した[4]。その後解放され、ジャワへ戻ることを許された[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この記事の主な出典は、山本 & ホートン (1999, p. 118)、ヒックス (1995, pp. 54-55)、オランダ政府 (1994, p. 53)および朝日新聞 (1992d)(朝日新聞社が入手したオランダ軍バタビア法廷の戦犯裁判記録による。以下同じ)。
  2. ^ a b c d e f g h i 山本 & ホートン 1999, p. 118.
  3. ^ a b c d e f g h i オランダ政府 1994, p. 53.
  4. ^ a b c d e f g 朝日新聞 1992d.
  5. ^ ヒックス (1995, pp. 54-55)にある女性の証言では、バタビアで。
  6. ^ a b c d e ヒックス 1995, pp. 54-55.
  7. ^ a b c d ヒックス 1995, p. 54.
  8. ^ 山本 & ホートン (1999, p. 118)では、連行してから警察に出頭するよう命令したとしている。
  9. ^ 朝日新聞 (1992d)では「約100人のオランダ女性」としているが、後段で、選別された女性の中にはインドネシア人・中国人も含まれていた、としている。
  10. ^ 山本 & ホートン (1999, p. 118)では、以前にホテルやレストランで働いたことがあると思われた女性は、警察や憲兵から「不人気」だった、としている。
  11. ^ 前金の受取り拒否についてはヒックス (1995, pp. 54-55)にも言及がある。
  12. ^ ヒックス (1995, pp. 54-55)では、バタビアでの選考・検査の後、スマランに移されて「スマラン倶楽部」での売春を強要された、としており、朝日新聞 (1992d)では、スマランからバタビアへ移され、約1ヵ月間監禁された、としている。
  13. ^ オランダ人7人、インドネシア人10人(吉見 1995, p. 189)
  14. ^ ヒックス (1995, p. 54)。フローレス島の飛行場にある慰安所へ送られた、としている。
  15. ^ 吉見 1995, p. 189.
  16. ^ 朝日新聞 (1992d)では、「日本軍の敗戦時近くまで」

参考文献[編集]

  • 山本, まゆみ、ホートン, ウィリアム・ブラッドリー「日本占領下インドネシアにおける慰安婦−オランダ公文書館調査報告−」 (pdf) 『「慰安婦」問題調査報告・1999』、(財)女性のためのアジア平和国民基金、1999年、 107-141頁。
  • ヒックス, ジョージ『性の奴隷 従軍慰安婦』濱田徹訳、三一書房、1995年。ISBN 4-380-95269-X
  • 吉見, 義明『従軍慰安婦』岩波書店〈岩波新書〉、1995年。ISBN 4-00-430384-2
  • オランダ政府「日本占領下蘭領東インドにおけるオランダ人女性に対する強制売春に関するオランダ政府所蔵文書調査報告」『季刊戦争責任研究』第4号、日本の戦争責任資料センター、1994年6月25日、 46-58頁。
  • 朝日新聞「慰安婦『強制』を裏付け・問われる日本の対応」朝刊31面、1992年7月22日。