フローニンゲン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フローニンゲン駅
駅構内の待合室

フローニンゲン駅(-えき、Station Groningen または Hoofdstation)は、オランダフローニンゲンにある中央駅。19世紀末に建てられたオランダ・ルネッサンス様式の壮麗な建物と、構内にほどこされた美しいタイル絵などの装飾で有名。オランダ鉄道が運営し、スキポール駅デン・ハーグ中央駅行きのインターシティほか、オランダの各都市をつなぐ路線が走っている。地下には、約4000台の自転車が収容できる巨大な無料駐輪場がある。

ホール天井の見事な装飾

歴史[編集]

1866年に開通したが、当時の駅は現在のものとは異なり、屋外の仮設駅だった。現在の駅舎は、1896年にイサク・ゴッシャルク(Isaac Gosschalk)によって設計された。天井には花模様などのパピエ・コレ、壁には守護聖人や女神などのタイル画が描かれている[1]

フローニング駅の地下駐輪場

駐輪場[編集]

鉄道弘済会経営の駐輪場と屋外のスタンド式駐輪場で、合計4,000台の収容能力がある。駅前広場は市条例により全面駐輪禁止のため、不法駐輪自転車は即時撤去される[2]。フローニンゲンは人口約19万人が30万台の自転車を所有する自転車の街で、町の中心部に自動車は侵入できない。駅の駐輪場だけでなく、市内各所にある駐輪場はすべて無料である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ポーリーンと一緒にウォーキングTrankiel
  2. ^ オランダ国鉄の主要5駅における駐輪状況 - グローニンゲン駅 自転車文化センター209号、8年11月

外部リンク[編集]