フロートスイッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フロートスイッチの原理を応用した水洗便所のタンク内ボールタップ


フロートスイッチとは、フロートスイッチとは、液面に浮かべたフロート(浮き)が、浮力で液位に合せて上下変動することでON/OFFを行うレベルスイッチや弁の一種。

レベルスイッチ、定水位スイッチ(弁)やフロートスイッチ(弁)と呼ばれることもある。

 
水洗便器薬剤供給装置のサニタイザーと内部のフロート弁


主な用途[編集]

給水設備工場プラント産業界において化学物質薬剤等の液面を検知したりの開閉動作に使用される。

ボールタップの場合、受水槽高置水槽水洗式便所便器洗浄用タンク内、太陽熱温水器等の給水設備の自動給水に用いる。

水洗式便所便器洗浄用薬剤供給装置サニタイザー内の液面制御動作にも用いられ、便器の洗浄水を流す度にフロート弁の昇降動作により常にほぼ一定量の水が機器内の流入し薬剤を溶解して洗浄水が流れ終わる直前に一定濃度の薬剤溶液を便器に供給する。

作動原理について[編集]

水面の上下変動による浮き玉の変位により、スイッチや給水弁を開閉する。

電気スイッチ式の場合、槽の上部からパイプ状の金属製または樹脂製のステムを降ろし、これにフロートを通して使用する。 電気接点はリードスイッチ式(フロート側に磁石を内蔵)が多く水位の上限(満検出)、下限(空検出)を検知してスイッチのON/OFFを行う。

槽の中の液体の導電性や温度を問わない、簡単な構造のため信頼性が高く、高耐久性、低コストなどの特長をもち、防爆タイプ、多点検出タイプもある。また、リジッドなステムを使用せず、フロートの傾きで液面を検知するタイプもある。


ボールタップ式の場合、水位が下がって給水が必要となると浮き玉が下がることにより、つけ根の給水弁が開き、給水が始まり、満水になると浮き玉の浮力を利用して上昇し給水弁が閉止し自動的に給水が止まる仕組み。

浮き玉の材質はポリエチレン(PE)玉の他、使用用途により玉、ステンレス玉が用いられる。

設置基準[編集]

水洗便所や高置き水槽でボールタップで給水する場合は、ボールタップが故障した場合、タンクの外へ水が溢れ、家財を濡らす財産損害を防ぐため必ずオーバーフロー管を取り付けなければならない。

関連項目[編集]