フロリス4世 (ホラント伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホラント伯フロリス4世

フロリス4世(Floris IV, 1210年6月24日 - 1234年7月19日)は、ホラント伯ウィレム1世とアーデルハイト・フォン・ゲルデルンの子。

1222年に父が死去、若年で相続した。1234年、舅のブラバント公アンリ1世ブレーメン遠征に加わったが、同年の馬上槍試合で死去した。試合に参加したフィリップ・ユルプル(フランス王ルイ8世の異母弟)も同日に死去している。

1214年にアンリ1世の娘マティルドと結婚、5人の子を儲けた。

  1. ウィレム2世(1227年 - 1256年) - ホラント伯、ドイツ対立王
  2. フロリス(1228年 - 1258年)
  3. アーデルハイト(1230年 - 1284年) - エノー伯ジャン1世と結婚。エノー伯兼ホラント伯ジャン(ヤン)2世の母。
  4. マルガレーテ(1234年 - 1276年) - ヘンネベルク伯ヘルマン1世と結婚。
  5. 子(夭折)
先代:
ウィレム1世
ホラント伯
1222年 - 1234年
次代:
ウィレム2世