フローラン・ダバディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フロラン・ダバディから転送)
移動先: 案内検索

フローラン・ダバディ[1] (Florent Dabadie, 1974年11月1日 - )は、フランスパリ出身のキャスタージャーナリスト。父は、作家・作詞家のジャン=ルー・ダバディミッシェル・ポルナレフの数々のヒット曲の作詞でフランスでは広く知られている)。サッカー日本代表監督だったフィリップ・トルシエのアシスタントを務めたことから、日本での知名度を上げた。

人物・経歴[編集]

高校卒業後、UCLAに短期留学。その後、パリの国立東洋語文化学院(INALCO)の日本・韓国学科に入学し、静岡大学にも短期留学。1997年にINALCOを卒業後、1998年に来日し、映画雑誌「プレミア日本版」の編集者となる。フランス語日本語英語イタリア語スペイン語ポルトガル語韓国語の7か国語を操る。身長は190.5cm。 1998年からサッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエのパーソナル・アシスタントを務める。2002年のワールドカップ日韓大会終了後は、テレビのスポーツキャスターやラジオ番組のナビゲーター・制作、雑誌のコラムニストなどとして活動している。

2004年島田紳助が所属する吉本興業女性マネージャーに暴行した件に関し、「芸能界の一部はとても保守的で、女性軽視な世界です。 私は暴力を許しません。どんな有名人であって、どんなシチュエーションがあってもです。 紳助だけをいけにえに捧げて他の問題を水に流してほしくないのです。 この事件をきっかけに、この世界、この業界を綺麗にしましょう。」とコメントし、紳助を非難した。

階級社会の名残が残るフランスにおいて社会的には上流層の生まれである。フランスではサッカーは労働者のスポーツであり話題にすべきではないという見方が今も根強く残っており、スポーツの話をするならば自転車やラグビーなどが無難であるという。このため家族にはしばらくサッカー監督の通訳をしているということをなかなか切り出せず、日本人女性に自分の仕事を話した時に大して嫌悪感を見せないどころかおぼろげながら知識を持っていることに驚いたという。

スポーツに関する考え[編集]

2006 FIFAワールドカップ終了後、レギュラー出演していたすぽると!番組内で「FIFAワールドカップの開催は次の2010年が最後になると思う」と発言した。

2010 FIFAワールドカップ開幕の3ヶ月前、母国だからではなくサッカーフランス代表の優勝を予想し、「グループリーグでは比較的組み合わせに恵まれた」「チーム内の団結力も無視できない」「とくに弱点もない」とその理由を挙げた[2]。しかしフランスはグループリーグで敗退、ダバディが「アンリとのツートップはフランス代表の歴史のなかで最高の組み合わせ」と話していたアネルカは大会期間中にチームを追放されるなど内紛が大きく報道される事となった[3]

サッカーを熱狂的に愛する一方で、格闘技に対しては極めて批判的。「ニューズウィーク」日本版2005年4/6号執筆のコラムで、K-1の感想として「気持ち悪かった」「呪われたみたいに叫ぶ観客を理解できなかった」と論評。特に、女性格闘技ファンには「日本の一部の女性が好きなのは『K-1選手のマッチョな体』だとよく聞く」「殴り合い自体が格好いいと思うなら、女性のエッセンスに反し…(略)…その無神経な見方がちょっと心配」と辛辣に批判した。

他にはWOWOWのテニスナビゲーターを務めるなどテニスに対しても関心を持っている。またフランス出身ということで自転車ロードレースにも通じており、J SPORTS cycle road race(特にツール・ド・フランス中継時)に不定期にゲスト出演している。

参照[編集]

出演番組の経歴[編集]

外部リンク[編集]