フロム・ザ・ダークサイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フロム・ザ・ダークサイド(Tales from the Darkside)は1983年から製作されたテレビドラマシリーズの一つである。

概要[編集]

本作はジョージ・A・ロメロがプロデュースした作品である。本作はホラーという位置づけであり1話完結である。1988年まで4シーズン続いた記録を持つ。

劇場版[編集]

タイトルは『フロム・ザ・ダークサイド 3つの闇の物語』(Tales from the Darkside: The Movie)。劇場版であり、ホラーの3話構成オムニバスである。1990年に公開された。

この映画はクリープショーシリーズの第3作になるはずだったといううわさが立っているが、それを証明する証拠は存在しない[1]

「地獄から来た猫」は当初『クリープショー2/怨霊』の一編として作られる予定だったが、予算上の都合から『クリープショー2』ではなく本作の一環として製作された[2]

なお、運命249のはアーサー・コナン・ドイルの『競売ナンバーニ四九英語版』、地獄から来た猫はスティーブン・キングの『魔性の猫英語版』がそれぞれ原作となっており、「恋人たちの誓い」は雪女の伝説が基になっている。

あらすじ[編集]

プロローグ
平凡な主婦ベティ(演 - デボラ・ハリー )は、晩餐会の準備をしていた。だが、彼女の正体は魔女で、ティミー(演 - マシュー・ローレンス )という少年をメイン・ディッシュとして料理しようと檻に閉じ込めていた。ベティから逃れようとティミーは時間稼ぎとして「テールズ・ザ・ダークサイド」を読み聞かせることにした。
「運命249」(Lot 249)
貧しい大学生ベリンガム(演 - スティーブ・ブシェミ )は、自分を罠に嵌めて退学に追い込んだ級友・リーとスーザン(演 - ジュリアン・ムーア )の2人を、研究していた古代エジプトのミイラを呪術を用いて殺し、復讐を果たした。事実を知ったスーザンの兄アンディ(演 - クリスチャン・スレーター )はベリンガムを問い詰め、ミイラとミイラを使役するための呪いの古文書を燃す。しかし、燃やした古文書は偽物であり、本物はまだベリンガムの手にあった。そしてベリンガムが大学を去った直後、アンディを死体のまま蘇ったリーとスーザンが訪ねてくるのだった。
「地獄から来た猫」(Cat from Hell)
ある日、黒猫が4人の裕福な老人を復讐のため殺害した。その猫の復讐の理由は老人たちが薬の開発の過程で5000匹の猫たちを実験台にしたというものだった。黒猫の襲撃から生き残った老人の一人(演 - ウィリアム・ヒッキー )は、プロの殺し屋(演 - デビッド・ヨハンセン )にその猫の始末を依頼するが、殺し屋共々、猫に惨殺されてしまうのだった。
「恋人たちの誓い」
売れない画家プレストン(演 - ジェームズ・レマー)は、ある日ガーゴイルような怪物に出くわしてしまったが、そのことを秘密にする代わりに見逃してもらう。そして、その後知り合った女性カローラ(演 - レイ・ドーン・チョン)と愛し合い子供をもうけた。だが、別れの時は二人に近づいていた。
エピローグ
3話目を読み終わったティミーだが、ベティの考えは変わることはなかった。ティミーは隙を突いてその場から逃げ出し、ベティは追いかけるが、逆に彼女がオーブンが入れられてしまうのだった。


リブート[編集]

現在は本作のリブート企画が米人気テレビ局CWで進められている[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]