フロキシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フロキシン[1]
識別情報
CAS登録番号 18472-87-2
PubChem 6433718
特性
化学式 C20H2Br4Cl4Na2O5
モル質量 829.63 g mol−1
外観 赤褐色の粉末
への溶解度 溶ける
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フロキシン (Phloxine) は、桃色に着色することのできる着色料タール色素に分類される合成着色料である。通称赤色104号(あかいろひゃくよんごう)。常温では(暗赤色)の粒または粉末状の固体で、無臭である。分子式はC20H2Br4Cl4Na2O5、分子量829.64。酸化還元に弱い。

主に工業製品の着色用途や食品添加物として使用される。旧厚生省は天然に存在しない添加物に分類している[2]。食品用途には、でんぶソーセージ和菓子への使用が多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]