ザ・フレーミング・リップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・フレーミング・リップス
Flaming Lips smog Coyne Scurlock.jpg
(2006年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オクラホマ州 オクラホマシティ
ジャンル
活動期間 1983年 -
レーベル
公式サイト FlamingLips.com
メンバー
  • ウェイン・コイン
  • スティーブン・ドローズ
  • デレク・ブラウン
  • マット・カークシー
  • ニコラス・レイ
  • ミカ・ネルソン
旧メンバー
  • マーク・コイン
  • デイヴ・コストカ
  • リチャード・イングリッシュ
  • ジョナサン・ドナヒュー
  • ネイザン・ロバーツ
  • ジョン・ムーニハム
  • ロナルド・ジョーンズ
  • クリフ・スカーロック
  • ジェイク・インガルズ
  • マイケル・アイヴァンス

ザ・フレーミング・リップスThe Flaming Lips)はアメリカ合衆国ロックバンドライブスタイルが非常に独特で、幻想的かつ、エンターテイメント性の高いパフォーマンスを繰り広げる。[独自研究?]

1983年からオクラホマ州オクラホマシティにて活動開始。1985年に自ら立ち上げたレーベルであるLovely Sorts of Deathよりセルフ・タイトルEPである『The Flaming Lips』をリリースしデビュー。以後、数枚のスタジオアルバムやEP1990年代初頭までリリースしている。1992年にワーナーと契約しメジャーデビュー。1993年にリリースしたシングル「She Don't Use Jelly」がヒットした[2]。その後、4枚同時再生の実験アルバムなどを発表したあと、9作目『The Soft Bulletin』(1999年)で評価を大きく高め、続く10作目『Yoshimi Battles the Pink Robots』(2002年)の成功で実力派バンドとしての地位を確固たるものにする[3]。グラミー賞には計6回ノミネート、うち3回受賞を果たしている[4]

来歴[編集]

ライブでのバンド(2010年)

1983年オクラホマシティにてギター担当のウェイン・コインと弟であるボーカル担当のマーク・コイン、ベース担当のマイケル・アイヴァンス、ドラム担当のデイヴ・コストカが中心となって結成し活動を開始。その後、コストカが脱退し1984年ドラムス担当としてリチャード・イングリッシュが加わる。このメンバーでレコーディングを開始しEP『The Flaming Lips』をリリースした。

1986年8月22日、デビュー・スタジオアルバム『Hear It Is』をRestless RecordsとEnigma Recordsからリリース[5]

1987年11月1日、2作目のスタジオアルバム『Oh My Gawd!!!』をリリース[6]

1989年2月17日、3作目のスタジオアルバム『Telepathic Surgery』をリリース[7]

1990年9月12日、4作目のスタジオアルバム『In a Priest Driven Ambulance』をRestless RecordsとCity Slangからリリース[8]

1992年8月11日、5作目のスタジオアルバム『Hit to Death in the Future Head』(ヒット・トゥ・デス・イン・ザ・フューチャー・ヘッド)をWarner Recordsからリリース[9]

1993年6月22日、6作目のスタジオアルバム『Transmissions from the Satellite Heart』(トランスミッションズ・フロム・ザ・サテライト・ハート)をリリース[10]。収録曲「She Don't Use Jelly」がヒットし、Billboard Hot 100にチャートインした[2]

1995年9月19日、7作目のスタジオアルバム『Clouds Taste Metallic』(クラウズ・テイスト・メタリック)をリリース[11]

1997年2月28日、8作目のスタジオアルバム『Zaireeka』をリリース[12]

1999年6月22日、9作目のスタジオアルバム『The Soft Bulletin』(ザ・ソフト・ブレティン)をリリース、批評家から高い評価を受けた[3]。イギリスではゴールドディスクに認定された[13]

2002年7月16日、10作目のスタジオアルバム『Yoshimi Battles the Pink Robots』(ヨシミ・バトルズ・ザ・ピンク・ロボッツ)をリリース[14]。前作に続き高い評価を受け、イギリスでプラチナディスク、アメリカでゴールドディスクに認定された[15]

ライブでのバンド(2011年)

2006年4月4日、11作目のスタジオアルバム『At War with the Mystics』(アット・ウォー・ウィズ・ザ・ミスティックス 神秘主義者との交戦)をリリース[16]第49回グラミー賞では最優秀オルタナティヴアルバム賞にノミネート、最優秀エンジニアアルバム賞を受賞、楽曲「The Wizard Turns On...」が最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞を受賞した[17]

2009年10月13日、12作目のスタジオアルバム『Embryonic』(エンブリオニック)をリリース[18]

2013年4月1日、13作目のスタジオアルバム『The Terror』(ザ・テラー)をリリース[19]

2017年1月13日、14作目のスタジオアルバム『Oczy Mlody』をリリース[20]

2019年7月19日、15作目のスタジオアルバム『King's Mouth』をリリース[21]

2020年9月11日、16作目のスタジオアルバム『American Head』をリリースする[22]

メンバー[編集]

  • ウェイン・コイン(Wayne Coyne1961年1月13日 - ) - ボーカルギターキーボードテルミン (1983-)
  • スティーブン・ドローズ(Steven Drozd1969年6月11日 - ) - ドラムス、ギター、パーカッション、キーボード、ボーカル (1991-)
  • デレク・ブラウン(Derek Brown) - ギター、キーボード、パーカッション、コーラス (2009-)
  • マット・カークシー (Matt Kirksey) - ドラムス、パーカッション、キーボード、バッキング・ボーカル (2014-)
  • ニコラス・レイ (Nicholas Ley) - パーカッション、ドラムス、サンプラー (2014-)
  • ミカ・ネルソン (Micah Nelson) - ベース、キーボード、バッキング・ボーカル (2021-)

旧メンバー[編集]

  • マーク・コイン(Mark Coyne) - ボーカル (1983-1985)
  • デイヴ・コスタカ(Dave Kostka)- ドラムス (1983-1984)
  • リチャード・イングリッシュ(Richard English) - ドラムス、ピアノ、ボーカル (1984-1988)
  • ネイザン・ロバーツ(Nathan Roberts) - ドラムス (1988-1991)
  • ジョナサン・ドナヒュー(Jonathan Donahue1966年5月6日 - ) - ギター (1988-1991)
  • ジョン・ムーニハム(John Mooneyham) - ギター (1991年の1ヶ月間のみ)
  • ロナルド・ジョーンズ(Ronald Jones) - ギター (1991-1996)
  • クリフ・スカーロック(Kliph Scurlock1973年6月16日 - ) - ドラムス、パーカッション (2002-2014) 当初ライブサポートとして参加、2009年に正式加入
  • ジェイク・インガルズ (Jake Ingalls) - キーボード、ギター (2013-2021)
  • マイケル・アイヴァンス(Michael Ivins1963年3月17日 - ) - ベース、キーボード、ボーカル (1983-2021)

サポートメンバー[編集]

  • レイ・スエン(Ray Suen) - パーカッション、バイオリン、ハープ、キーボード (2009-2012)

ディスコグラフィ[編集]

スタジオアルバム[編集]

  • Hear It Is (1986年)
  • Oh My Gawd!!! (1987年)
  • Telepathic Surgery (1989年)
  • In a Priest Driven Ambulance (1990年)
  • Hit to Death in the Future Head / ヒット・トゥ・デス・イン・ザ・フューチャー・ヘッド (1992年)
  • Transmissions from the Satellite Heart / トランスミッションズ・フロム・ザ・サテライト・ハート (1993年)
  • Clouds Taste Metallic / クラウズ・テイスト・メタリック (1995年)
  • Zaireeka (1997年)
  • The Soft Bulletin / ザ・ソフト・ブレティン (1999年)
  • Yoshimi Battles the Pink Robots / ヨシミ・バトルズ・ザ・ピンク・ロボッツ (2002年)
  • At War with the Mystics / アット・ウォー・ウィズ・ザ・ミスティックス (神秘主義者との交戦) (2006年)
  • Embryonic / エンブリオニック (2009年)
  • The Terror / ザ・テラー (2013年)
  • Oczy Mlody (2017年)
  • King's Mouth (2019年)
  • American Head (2020年)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e Ankeny, Jason. The Flaming Lips Biography, Songs, & Albums - オールミュージック. 2021年9月11日閲覧。
  2. ^ a b The Flaming Lips”. Billboard. 2020年10月31日閲覧。
  3. ^ a b (英語) The Soft Bulletin by The Flaming Lips, https://www.metacritic.com/music/the-soft-bulletin/the-flaming-lips 2020年10月31日閲覧。 
  4. ^ The Flaming Lips” (英語). GRAMMY.com (2019年11月19日). 2020年10月31日閲覧。
  5. ^ (英語) Hear It Is - The Flaming Lips | Songs, Reviews, Credits | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/hear-it-is-mw0000192959 2020年10月31日閲覧。 
  6. ^ (英語) Oh My Gawd!!!...The Flaming Lips - The Flaming Lips | Songs, Reviews, Credits | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/oh-my-gawd%21%21%21the-flaming-lips-mw0000193856 2020年10月31日閲覧。 
  7. ^ (英語) Telepathic Surgery - The Flaming Lips | Songs, Reviews, Credits | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/telepathic-surgery-mw0000203451 2020年10月31日閲覧。 
  8. ^ (英語) In a Priest Driven Ambulance - The Flaming Lips | Songs, Reviews, Credits | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/in-a-priest-driven-ambulance-mw0000309874 2020年10月31日閲覧。 
  9. ^ (英語) Hit to Death in the Future Head - The Flaming Lips | Songs, Reviews, Credits | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/hit-to-death-in-the-future-head-mw0000071518 2020年10月31日閲覧。 
  10. ^ (英語) Transmissions from the Satellite Heart - The Flaming Lips | Songs, Reviews, Credits | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/transmissions-from-the-satellite-heart-mw0000098207 2020年10月31日閲覧。 
  11. ^ (英語) Clouds Taste Metallic - The Flaming Lips | Songs, Reviews, Credits | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/clouds-taste-metallic-mw0000645557 2020年10月31日閲覧。 
  12. ^ The Flaming Lips” (英語). The Flaming Lips. 2020年10月31日閲覧。
  13. ^ Chart Log UK: Adam F - FYA”. www.zobbel.de. 2020年10月31日閲覧。
  14. ^ Lips Nailed For Cat Stevens Song Similarity” (英語). Billboard. 2020年10月31日閲覧。
  15. ^ Chart Log UK: Adam F - FYA”. www.zobbel.de. 2020年10月31日閲覧。
  16. ^ Release group “At War With the Mystics” by The Flaming Lips - MusicBrainz”. musicbrainz.org. 2020年10月31日閲覧。
  17. ^ The Flaming Lips” (英語). GRAMMY.com (2019年11月19日). 2020年10月31日閲覧。
  18. ^ The Flaming Lips: Embryonic” (英語). Pitchfork. 2020年10月31日閲覧。
  19. ^ (英語) The Terror - The Flaming Lips | Songs, Reviews, Credits | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/the-terror-mw0002485494 2020年10月31日閲覧。 
  20. ^ (英語) Oczy Mlody - The Flaming Lips | Songs, Reviews, Credits | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/oczy-mlody-mw0002993888 2020年10月31日閲覧。 
  21. ^ Yoo, Noah. “The Flaming Lips’ New Album Kings Mouth Gets Wide Release” (英語). Pitchfork. 2020年10月31日閲覧。
  22. ^ The Flaming Lips share new single and video 'Flowers of Neptune 6' | NME” (英語). NME Music News, Reviews, Videos, Galleries, Tickets and Blogs | NME.COM (2020年5月29日). 2020年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]