フレーバーウォーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

フレーバーウォーター(Flavored water)とは、果物や野菜、ハーブ、スパイスなどを少量加えて風味をつけた飲料ニアウォーターともいう。

概要[編集]

見た目はミネラルウォーターと同様に無色透明である。一般的に、コーラジュースなどの他の清涼飲料水に比べ味付けは薄く、後味がすっきりしている[1]。日本ではミネラルウォーターと同一ブランドを使っているフレーバーウォーターが多いため、ミネラルウォーターと間違えて購入してしまう事例も多々ある。

日本ではニアウォーターとして、1995年頃から流行し始め、1996年に日本たばこ産業(JT)『桃の天然水』の発売で一大ヒット[2][3]キリンビバレッジサプリ』『力水』・サントリー『ビタミンウォーター』・ハウス食品『PURE-INドリンク』など各社がこれに追従して、ブームとなった。

フレーバーウォーターとしては2014年4月の『南アルプスの天然水&朝摘みオレンジ』(透明なオレンジジュース)の発売がきっかけで、その派生商品で2015年4月発売の『南アルプスの天然水&ヨーグリーナ』(ヨーグルト風味のミネラルウォーター)の大ヒットをきっかけに、再びブームが起きた。

2010年代からはこまめな水分補給の呼びかけなどで市場が拡大し、富士経済による2013年10月の報告によれば、発泡性商品を除く日本でのフレーバーウォーター市場は2011年の販売額が約236億円だったのに対し、2013年の販売見込み額は1.8倍の437億円に急成長し、2015年には534億円に達するとみられている[1]

家庭でも作ることが可能である。

脚注[編集]