フレンチ・ハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
French house
様式的起源 ユーロダンスユーロ・ディスコディスコHi-NRGPファンク, シカゴ・ハウスディープ・ハウス
文化的起源 ヨーロッパアメリカ合衆国で1970年代後半から1990年代
使用楽器 サンプラードラムマシンシンセサイザーシーケンサー
サブジャンル
ディスコ・ハウスヌー・ディスコ
関連項目
ディスコイタロ・ハウスイタロ・ディスコ

フレンチ・ハウス(French house)は、多くのフランス人アーティストによって作られるハウス音楽、1990年代後半2000年代のヨーロッパのダンス音楽シーンの人気の要素とユーロ・ディスコ英語版の形の包括的な呼称である。フランス本国ではフレンチ・タッチ(French touch)と呼ばれている。このジャンルは、長年にわたって「ヌー・ディスコ」(ハウスではない「ヌー・ディスコ」Nu-discoの復興とは別のニュー・ディスコ)、「フレンチ・タッチ」、「フィルタ・ハウス」と「テックファンク」とも呼ばれた。サウンドの定義されている特徴は、オーディオ・フィルター英語版や1970年代後半と1980年代前半のアメリカやヨーロッパのディスコの楽曲(又はそのようなサンプルからの影響を強く受ける原型のフック英語版)からサンプリングと一緒にフェイザーに対する重い信頼で成り立っている。このジャンルで成功した著名な制作者にはダフト・パンク[1]カッシアス英語版エティエンヌ・ドゥ・クレシー英語版がいる。この流派の殆どの楽曲の特徴は四分の四拍子で110から130までのBPMである。

歴史と影響[編集]

フレンチ・ハウスはディスコの台頭以来アメリカのダンス・ミュージックの系統から大きく影響を受けていて、ユーロ・ディスコや短命に終わったスペース・ディスコ英語版とは異なった様式を維持している。スペース・ディスコはセルローヌ英語版スペース英語版シェイラといったアーティストが1970年代後半から1980年代前半にかけてフランスで非常に人気があった。更なる影響がPファンク、特にジョージ・クリントンブーツィー・コリンズの当時のヒット曲から来た。同じ外国市場から出て来た為に、Pファンクは特にディスコ・デモリッション・ナイト事件がアメリカで起きた後にフランスの多くのディスコディスコと同じ時期に演奏された。シカゴ・ハウスのジャッキングな側面は(イギリスでのサウンドを指し示す為の短命に終わった呼称「ジャック・ハウス」を使って)同様に組織化する主題としても取り上げられた。

ルーレ英語版というレーベルから発売されたトーマス・バンガルターの楽曲がフランスでハウスの特有のスタイルを作る最初期の具体例だと考えられ得る。ダフト・パンクスターダスト英語版のメンバーとしての仕事と同時並行で作られた彼のソロの作品が1990年代半ばから後半にかけてフレンチ・ハウスのシーンに絶大な衝撃を与えた[2]。フランス人デュオモーターベース(Philippe Zdar、後のカッシアス英語版エティエンヌ・ドゥ・クレシー英語版としても知られる)が、DJスニーク英語版グリーン・ベルベット英語版ロジャー・サンチェス英語版といった新進のアメリカのハウスのプロデューサーからインスパイアされて主にサンプルとオーディオ・フィルタを通してループを用いて楽曲を作ったアーティストとしてフランスで第一人者にもなった。パリのプロデューサーサン・ジェルマン英語版は同時期に類似したスタイルでハウスの楽曲を作ったが、フランソワ・ケボーキアンやローラン・ガルニエのような他の名の知られたフランスのDJに転向したプロデューサーが新生のフレンチ・ハウスのレーベルから距離を置いていた頃、これらは更にブラッシュなヴォーカルのディスコ・レコードと対照的にジャズから直接影響を受けた。

最初のフレンチ・ハウスの実験は1990年半ばにイギリスのダンス・ミュージックを扱った新聞やヨーロッパのDJによって暖かく受け入れられたが、大きな商業的成功は1997年になるまで発生しなかった。ダフト・パンク、カッシアスや後のスターダスト英語版がこのジャンルで最初の国際的に成功したアーティストになった。エールと共にこれらのアーティストはヴァージン・レコードと契約し、スパイク・ジョーンズミシェル・ゴンドリーアレックス・アンド・マーティン英語版の類似した作品によって監督された特有のミュージック・ビデオから利益を得た。巨大なクラブ・シーンと大きなレコード会社の支持から発生した熱狂により、ダフト・パンクのデビューアルバムHomework英語版はイギリスのアルバム・チャートのトップ10に入り、彼らはジャン・ミッシェル・ジャール以来英国での売上最大となるフランス人による音楽活動になった。影響力のあるイギリスの市場に於いてダンス・ミュージックの人気が一般的な電子音楽で商業的に絶頂期にあったので、フレンチ・サウンドが出現した時は丁度良いタイミングだった。

ボブ・サンクラーエティエンヌ・ドゥ・クレシー英語版ベンジャミン・ダイアモンド英語版、そしてモジョ英語版といったアーティストによって、ヨーロッパ中で更なる国際的な商業的成功が2000年になっても続いた。2005年後半には、ポップスのスーパースターマドンナがアルバム『Confessions on a Dance Floor』をリリースした。この中の一部の楽曲はフレンチ・ハウスから大きく影響を受けている。

呼称、起源と種類[編集]

「フレンチ・ハウス」という呼称は1999年のクリスマスの休暇期間中にMTV英語版で最初に使用された。いわゆる「フレンチ・ハウス・エクスプロージョン」という現象を説明する為にMTVニュース特番で使用された。ボブ・サンクラーエールカッシアス英語版と同様にインタビューに答えた。このニュース特番はMTVの全世界の局で後に放送され、「フレンチ・ハウス」という呼称を主流派の聴衆に紹介した。

それ(1996年–2000年)に先立ち、「フレンチ・ハウス」はヨーロッパの人々の間で「ヌー・ディスコ」、「ディスコ・ハウス」、「ニュー・ディスコ」として言及される様になっていた。しかしながら、「フレンチ・タッチ」という呼称は音楽ジャーナリストマーティン・ジェイムスによって今では存在しない週刊紙のメロディー・メーカーの1996年のスーパー・ディスカウントEPのレビューで最初に使われた。この用語はフランスのメディアの間で好意的に使用され、1998年までにイギリスのジャーナリズムでも広く使われる様になった[3]。マーティン・ジェイムスは後にフランスの新聞リベラシオンとラジオ局NRJによってフレンチ・タッチという現象にフレンチ・ハウスという名を付けたジャーナリストとして認められた。

その頃にヌー・ディスコの為の最大マーケットの一つはギリシャであり、特にアテネだった。ディスコボールという名の地元のレコード店がレコードをフランスから直接輸入しシティ・グルーヴの様な中流派のクラブが1998年から2001年までこのジャンルに完全に貢献した。ギリシャでは、この音楽様式は「ディスコ・ハウス」として売り込まれた。

同じ時期に、ディスコ・ハウスはカナダで成功し始めた。1999年に多くのイベントがイギリスの観光客に非常に人気がある目的地であるスペインのイビサ島でも開催された。

フレンチ・ハウスは本質的には三種類の様式の結合である。第一の様式はフランス人が今でも「フレンチ・タッチ」と呼んでいるもので、それは広いフロアでのディスコ・サウンドによって大きく影響を受けている。第二の様式はアレック・R・コンスタンディノス英語版の作品によるユーロディスコの継承や更新である。第三の様式はサンプルや反復される「ファンキー」なフックの同様の扱いに明確なディープなアメリカのハウスの様式であろう。当然ながら更に多くの種類が登場し浮き沈みが続いた。フレンチ・ハウスはユーロ・ディスコの様なヴォーカルと「スペース・ディスコ」テーマのより少ない強調に更に集中し、確立された「フレンチ・タッチ」を堅実に保っている。しかし、大部分の音楽の最も成功した活動は、その後彼らのサウンドを変えた。大ヒット曲『World, Hold On英語版』(SFをテーマに据えた映像が制作された)を含むボブ・サンクラーの後の仕事は、本来のフレンチ・ハウスのサウンドからは遠い距離を取った。ダフト・パンクとエティエンヌ・ドゥ・クレシーの双方が彼らの最近のアルバムに於いてテクノやエレクトロから直接インスパイアされてよりハードなシンセサイザーの音を発展させた。

イビサ島では、ディスコ・ハウスは後に別の方向に向かった。それはヴォーカルとUKガラージュ(1990半ばの音楽スタイル)からの要素に現地のラテン的な雰囲気が加わって結合した。2007年までには、多くのアンダーグラウンドなディスコ・ハウスの曲はイビサ派に所属した。

フレンチ・ハウスは「テック・ハウス」(「パンピング・ハウス」としても知られる)という音楽スタイルを形成する上でベニー・ベナッシ英語版に影響を与えた。その短命に終わった音楽スタイルはベナッシ・ブラザーズ英語版ロイヤル・ジゴロス英語版やシャナ・ヴァンガルドといったアーティストが大陸ヨーロッパで2002年から2004年まで非常に人気があった。2007年の間に、限定的な結果に終わったが(M6Musicチャンネル、W9やNRJ Musicで宣伝された)テック・ハウスとフレンチ・ハウスとのクロスオーバーがフランスの音楽市場に登場した。これらのヒットの大半は主流派の聴衆に届ける為に2000年代の十年間でエレクトロ・ハウスにリミックスされ、新しく確立されたダンス・ミュージックの様式はエレクトロ・ダンス英語版(テクトニック)と呼ばれる様になった。

フレンチ・ハウスに関連するアーティスト[編集]

フレンチ・ハウスに関連するレコードレーベル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Village Voice: Daft Punk by Scott Woods
  2. ^ Suzanne Ely, "Return of the Cybermen" Mixmag, July 2006, pp. 94–98.
  3. ^ 'French Connections: From Discotheque to Discovery' by Martin James, 2002, Sanctuary Publishing
  4. ^ http://www.discogs.com/label/Black+Jack
  5. ^ http://www.daftcrew.net/
  6. ^ http://deeteasewax.com/
  7. ^ http://www.discogs.com/label/Grand+Prix
  8. ^ http://www.discogs.com/label/Riviera
  9. ^ http://www.discogs.com/label/Subkroniq