コンテンツにスキップ

フレドリック・バックマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フレドリック・バックマン(Fredrik Backman、1981年6月2日 - )は、スウェーデンのコラムニスト、ブロガー、小説家。小説『幸せなひとりぼっち』(A Man Called Ove、2012年)の著者。祖国スウェーデンではベストセラー作家の一人。 彼の小説は、世界25カ国以上の言語で出版されている。[1]

Fredrik Backman (2014)

略歴[編集]

彼はスウェーデンのヘルシンボリで育った。彼は大学では宗教学を学んでいたが、これは中退で終わった。その後、トラック運転手、レストランの手伝い、フォークリフトのドライバーなどを経験。[2][3]2007年、ストックフォルムの雑誌「ムーアマガジン」で仕事を得るが、一年半後、職を辞したが、その後もフリーで仕事は継続。以後彼は、「ヘルシンボリ・ターゲブラット」(Helsingborgs Dagblad)と「ムーアマガジン」(Moore Magazine)に執筆してきた。 バックマンは、もともとスウェーデンではブロガーとして知られていた。彼は、 City i Skåne, Moore, Vecko-Revyn, Café, Vi Föräldrar などの新聞にコラムを書いてきた。2012年には、Metroにもコラムを書いている。 小説家としては、2012年の『幸せなひとりぼっち』が処女作になる。これは映画化され、同名のタイトル2015年12月25日にプレミア公開された。[4] 彼の小説Beartownは、スウェーデンの映画製作会社Filmlanceが映像化の権利を購入し、TVドラマシリーズになる予定である。[5]

私生活[編集]

バックマンは、2009年にネダ・シャフティ・バックマンと結婚し、2人の子どもがいる。ストックホルム近郊のソルナに在住[6][7]

著作[編集]

  • En man som heter Ove (2012; English translation A Man Called Ove (novel)|A Man Called Ove, 2013、『幸せなひとりぼっち』ハヤカワ文庫NV 2016年)[8][9]
  • Saker min son behöver veta om världen (2012; English translation Things My Son Needs to Know About the World, 2019)[10]
  • Min mormor hälsar och säger förlåt (2013; English translation My Grandmother Asked Me to Tell You She's Sorry, 2015、『おばあちゃんのごめんねリスト』早川書房 2018年)[11]
  • Britt-Marie var här (2014; English translation Britt-Marie Was Here, released in May 2016)[12][注 1] (『ブリット=マリーはここにいた』早川書房 2018年)
  • And Every Morning the Way Home Gets Longer and Longer: A Novella (November 2016)[14]
  • Beartown (also titled The Scandal[15] in United Kingdom: April 2017)[16]
  • The Deal of a Lifetime: A Novella (October 2017)[17]
  • Us Against You (sequel to Beartown: June 2018)[18]
  • Folk med ångest (2019; English Translation Anxious People, September 2020)[19]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これを原作に、映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』(2018年、スウェーデン)が製作された[13]

出典[編集]

  1. ^ Fredrik Backman's Biography”. Simon & Schuster. 2016年2月15日閲覧。
  2. ^ FREDRIK BACKMAN (Memento vom 18. 4月 2015 im Internet Archive)
  3. ^ "Über Fredrik Backman". S. Fischer Verlage. 2015年5月24日閲覧
  4. ^ A Man Called Ove (2015)”. Swedish Film Database. 15-02- 2016閲覧。
  5. ^ Fredrik Backman’s Beartown to be adapted for TV”. Simon & Schuster. 2017年8月1日閲覧。
  6. ^ Interview with Fredrik Backman” (Swedish). ajour.se. 2016年2月15日閲覧。
  7. ^ Backman, Fredrik (2016). Britt-Marie Was Here. Trivia-On-Books. https://books.google.com/books?id=_ZgADQAAQBAJ&q=neda#v=snippet&q=neda&f=false 
  8. ^ A Man Called Ove”. Simon & Schuster. 2016年2月15日閲覧。
  9. ^ Fredrik Backman's Biography”. Litlovers. 2016年2月15日閲覧。
  10. ^ Things my son needs to know about the world”. worldcat.org. 2019年8月7日閲覧。
  11. ^ My Grandmother Asked Me to Tell You She's Sorry”. Simon & Schuster. 2016年2月15日閲覧。
  12. ^ Britt-Marie Was Here”. Simon & Schuster. 15 February 2016、『ブリット・マリーはここにいた』早川書房 2018年閲覧。
  13. ^ 映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』公式サイト”. 松竹. 2021年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月3日閲覧。
  14. ^ And Every Morning the Way Home Gets Longer and Longer: A Novella”. Simon & Schuster. 2017年8月1日閲覧。
  15. ^ The Scandal”. Penguin Books. 2017年8月1日閲覧。
  16. ^ Beartown”. Simon & Schuster. 2017年8月1日閲覧。
  17. ^ The Deal of a Lifetime: A Novella”. Simon & Schuster. 2017年12月21日閲覧。
  18. ^ Us Against You (sequel to Beartown)”. Simon & Schuster. 2017年8月1日閲覧。
  19. ^ Anxious People”. www.goodreads.com. 2019年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]