フレデリック・ヴァレンティッヒの失踪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フレデリック・ヴァレンティッヒの失踪
Valentich disappearance.png
ヴァレンティッヒの計画ルート。ムーラビン (Moorabbin) からバス海峡をこえてキング島 (King Island) まで
時刻 AEDTオーストラリア東部標準時(夏時間)19:12
日付 1978年10月21日 (1978-10-21)
場所 オーストラリアの旗 オーストラリア バス海峡
座標 南緯38度51分00秒 東経143度31分00秒 / 南緯38.85000度 東経143.51667度 / -38.85000; 143.51667座標: 南緯38度51分00秒 東経143度31分00秒 / 南緯38.85000度 東経143.51667度 / -38.85000; 143.51667

フレデリック・ヴァレンティッヒの失踪(フレデリック・ヴァレンティッヒのしっそう)は、1978年に起きたオーストラリアのパイロットであるフレデリック・ヴァレンティッヒ (Frederick Valentich) の失踪について述べる。彼は、1978年10月21日土曜日の晩、バス海峡上空を125マイル (201 km) の訓練飛行中に行方不明になった。「空飛ぶ円盤熱狂者」 ("flying saucer enthusiast") と評されて、20歳のヴァレンティッヒは、メルボルン航空管制に、自分は1,000フィート (300 m) 高い航空機についてこられている、エンジンが耳障りに動いていると知らせ、それから最後に「それは航空機ではない」と報告した。

しかしながら、AP通信の報告によれば、運輸省はヴァレンティッヒの失踪の背後にUFOがあることに対して懐疑的で、その公務員の一部は、「ヴァレンティッヒは方向感覚を失い、ひっくり返って飛行しながら、自身の灯火が水に反射するのを、あるいは近くの島の光を、見た」 ("Valentich became disorientated and saw his own lights reflected in the water, or lights from a nearby island, while flying upside down") と推測した[1]

フレデリック・ヴァレンティッヒ[編集]

フレデリック・ヴァレンティッヒは、全飛行時間は約150時間で、4級の計器等級 (class-four instrument rating) を持ち、これで夜間飛行する権限を授けられ、しかし「有視界気象条件」 (visual meteorological conditions) 下においてのみであった。彼は、2回、オーストラリア空軍 (Royal Australian Air Force, RAAF) に志願したが、しかし不十分な教育資格のために拒否された。彼は、航空訓練団 (Air Training Corps) のメンバーで、航空で経歴を持とうと決めていた。ヴァレンティッヒは、商業パイロットになるために非常勤で勉強したが、しかし達成記録は悪く、2回にわたって5つの資格試験科目をすべて落とし、つい前月にもさらに3つの試験資格科目を落としていた。彼は飛行事故に巻き込まれていた、たとえば、シドニーの管制空域にさまよいこみ、そのために警告を受け、そして2回、故意に雲の中に飛び込み、そのために刑事訴追が考慮された。父親のグイドー (Guido) によれば、ヴァレンティッヒは、UFOの存在を熱烈に信じ、彼らに襲われることを心配していた[2]

詳細[編集]

ヴァレンティッヒは、午後7時6分に、メルボルン航空管制に無線で、4,500フィート (1,400 m) で未確認の航空機がついてきていると報告し、その高度で知られた交通は無いと告げられた。ヴァレンティッヒは、大きな未知の航空機が4つの明るい着陸灯に照らされているように見えると言った。彼はその型を確認できなかったが、しかしそれは頭上約1,000フィート (300 m) を通過し、高速で移動していると言った。ヴァレンティッヒはそれから、航空機は東から接近しつつあると報告し、相手のパイロットはわざと自分をもてあそんでいるかもしれないと言った。ヴァレンティッヒは、航空機は頭上で「旋回し」 ("orbiting") ていて、光沢のある金属表面をしていると言った。ヴァレンティッヒは、エンジンの不調を経験しつつあると報告した。その航空機を確認するように頼まれて、ヴァレンティッヒは無線で「航空機ではない」 ("It isn't an aircraft") と言った。彼の送信はそれから「金属性の、ひっかいている音」 ("metallic, scraping sounds") と形容される音によって中断され、そしてすべてのコンタクトは失われた[3][4][1]

捜索[編集]

海と空の捜索は、外洋船、オーストラリア空軍ロッキードP-3オリオンにくわえて8機の民間機で、行なわれた。捜索は、1000平方マイルにわたった。捜索の努力は1978年10月25日に終わった[3]

調査[編集]

ヴァレンティッヒの失踪の運輸省の調査は、原因を決定することはできなかったが、しかしそれはヴァレンティッヒにとって「致死的と推定され」 ("presumed fatal") た。ヴァレンティッヒの航空機が失踪した5年後、エンジンのカウル・フラップ (engine cowl flap) が、フリンダース島海岸に打ち上げられているのが見つかった。1983年7月に、航空安全研究局 (Bureau of Air Safety Investigation) は、オーストラリア海軍研究所 (Royal Australian Navy Research Laboratory, RANRL) に、カウル・フラップが航空機が失踪した海域からその最終的な点まで「旅行した」 ("travelled") 可能性について照会した。局は、「その部品は或る範囲のシリアル・ナンバーのセスナ182のものであると確認された」 ("the part has been identified as having come from a Cessna 182 aircraft between a certain range of serial numbers") ことに注意したが、そのなかにはヴァレンティッヒの航空機も含まれた。

提出された説明[編集]

ヴァレンティッヒが自身の失踪を上演したことは提案されている: ケープ・オトウェーとの30分間ないし45分間の旅行を考慮してさえ、単発セスナ182はなおも800キロメートルを飛行するのに十分な燃料を持っていた[5]。理想的な条件にもかかわらず、航空機はまったくレーダーで捉えられず、それがケープ・オトウェーの近くに居るかどうか疑いが投げかけられた[6]。そしてメルボルン警察は、或る軽飛行機が、ヴァレンティッヒの失踪と同時に、ケープ・オトウェーから遠くないところに謎めいた着陸をしたという報告を受けた[6]

もうひとつの提出された説明は、ヴァレンティッヒが方角がわからなくなり、ひっくり返って飛行していたというものである。もしこれが事実であるならば、彼が見たと思ったものは、水面に反射した自分自身の航空機の灯火であったろう。彼はそれから水面に墜落したのであろう[7]。さらにもうひとつの提出された可能性は、自殺である。しかしながら、彼を事実上、知る医師らや同僚らとのインタヴューは、この可能性を排除する[8]

天文学者で元空軍パイロット ジェームズ・マクガハ (James McGaha) と著者ジョー・ニッケル (Joe Nickell) による無線の筆記録その他のデータの2013年の見直しは、経験のないヴァレンティッヒは、傾いた水平線の錯覚にだまされ、彼は埋め合わせをしようとし、不注意にも自機を下向きにして、いわゆる「墓地旋回」 (graveyard spiral) にして、彼はそれを航空機の単純な旋回と勘違いしたと提案した。著者らによれば、もし締め付け旋回をすれば重力加速度は燃料流量を減らすだろうし、その結果、ヴァレンティッヒによって報告された「不調なアイドリング」 ("rough idling") になるだろう。マクガハとニッケルはまた、つぎのように提示した、すなわちヴァレンティッヒが報告した明らかに静止した頭上の複数の灯火は、十中八九、明るい星アンタレスとともに、金星火星、そして水星で、もしそうならばヴァレンティッヒの説明と合致したふるまいかたをしたであろう。

UFO研究家[編集]

UFO研究家らは、地球外生命体がヴァレンティッヒの航空機を破壊したかそれとも彼を誘拐したかのいずれかであると推測し、一部の個人らが「空を不規則に移動している緑色の光」 ("an erratically moving green light in the sky") を見たと報告したこと、彼が「そのとき急降下して」 ("in a steep dive at the time") いることを主張した。UFO研究家らは、これらの説明は、ヴァレンティッヒの無線通信で言及された「緑色の光」 ("green light") のために、重要であると信じている[9]

アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックスに本拠地のあるグループ グランド・ソーサー・ウォッチ (Ground Saucer Watch) は、鉛管工ロイ・マニフォールド (Roy Manifold) が撮った複数の写真は、ケープ・オトウェー灯台の近くの水面から出ていく、高速移動している物体を示していると主張している[10]。複数の絵は、物体を確認するほど鮮明ではなかったけれども、UFOグループは、それらは「雲のような蒸気/排気残留物によって明らかに囲まれた、中くらいの大きさの、正真正銘の未知の飛行物体」 ("a bona fide unknown flying object, of moderate dimensions, apparently surrounded by a cloud-like vapour/exhaust residue") を示していると主張している。

注釈[編集]

  1. ^ a b “UFO Enthusiast Missing After Reporting Craft”. Associated Press. (1978年10月10日). https://news.google.com/newspapers?nid=1350&dat=19781023&id=6hFPAAAAIBAJ&sjid=hQIEAAAAIBAJ&pg=3318,4275388 2014年3月12日閲覧。 
  2. ^ Nickell, Joe. “The Valentich Disappearance: Another UFO Cold Case Solved”. Volume 37.6, November/December 2013. Committee for Skeptical Inquiry. 2014年3月14日閲覧。
  3. ^ a b “Search for pilot who saw UFO, then disappeared discontinued”. United Press International. (1978年10月26日). https://news.google.com/newspapers?nid=2245&dat=19781026&id=3JQzAAAAIBAJ&sjid=QDIHAAAAIBAJ&pg=6726,5964289 2014年3月13日閲覧。 
  4. ^ “After spotting UFO Pilot disappears”. United Press International. (1978年10月23日). https://news.google.com/newspapers?nid=860&dat=19781023&id=JXFUAAAAIBAJ&sjid=KY8DAAAAIBAJ&pg=5087,1555746 2014年3月13日閲覧。 
  5. ^ Melbourne Age, 28 October 1978, p. 1
  6. ^ a b The Australian, 24 October 1978, pp. 1-2
  7. ^ Discussed on the Australian Broadcasting Corporation television programme Can We Help? in 2007
  8. ^ Kemp, Miles (2012年7月6日). “'Truth' was out there after all”. The Advertiser. http://www.adelaidenow.com.au/truth-was-out-there-after-all/story-e6frea6u-1226419389593 2013年10月26日閲覧。 
  9. ^ Clark, Jerome (1998). The UFO Book: Encyclopedia of the Extraterrestrial. Visible Ink. ISBN 1-57859-029-9. 
  10. ^ News Story (1980-07-23), The Standard (Melbourne)

外部リンク[編集]