フレデリック・パシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Frédéric Passy
フレデリック・パシー
Frederic Passy.jpg
生誕 (1822-05-20) 1822年5月20日
フランスの旗 フランス パリ
死没 1912年6月12日(1912-06-12)(90歳)
フランスの旗 フランス ヌイイ=シュル=セーヌ
国籍 フランスの旗 フランス
主な受賞歴 ノーベル平和賞 (1901)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1901年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:列国議会同盟や国際平和会議の創設を主導したこと

フレデリック・パシーFrédéric Passy, 1822年5月20日 - 1912年6月12日)は、フランス経済学者政治家である。

人物[編集]

フレデリック・パシーは1822年5月20日にフランスのパリの支配階級にある家庭に生まれ、パリで生涯を過ごした。ワーテルローの戦いにおける兵役経験者の父の子として、また、ルイ・ナポレオンとルイ・フィリップの政府において閣僚を務めていたイポリック・パシーの甥として生まれた同氏は、フランスの文官になるという伝統が強い家庭で育てられた。法律家になるように育てられた同氏は、22歳でフランスの国務院の文官に会計士という形で入ったものの、叔父の影響を受けて、3年後に経済の系統的な研究を行うために辞任し、後に巧みな話し手として名を馳せた学者となった。同氏は1853年から1856年まで続いたクリミア戦争から次第に平和に興味を持ち始めた。戦いの終盤において、フランスのロアール川が洪水をおこし、大きな被害を引き起こした。このときの経験から、同氏は自然災害を恐怖ととらえるのに対し、戦争のような人為的な災害は普通だと人々が考えることに衝撃を受けた。その後、1867年にルクセンブルクの主権に対して戦争の雰囲気がフランスとドイツの間に漂うと、同氏はフランスの新聞「ル・タン」に影響力のある嘆願を著し、国際的な平和協会に衝突を避けるように頼んだ。社会的な支援を受けて、同氏は未来の衝突を避けるためにthe Ligue International et Permanente de la Paix(英: International and Permanent League of Peace)を立ち上げたものの、同組織は1870年の普仏戦争を回避できなかったとして解散した。彼はその後もめげることなく、1889年にSociété française pour l’arbitrage entre nationsとなる組織「Société française des amis de la paix」(英: Society of the Sons of Liberty)を設立した。その後、彼は共和主義者としてナポレオン三世の政府の一部になることを拒んだ。また、政治家兼経済学者として、彼は独立国家の間における自由貿易は平和を推進すると説いた。同氏はヨーロッパの平和維持のために1867年に国際平和同盟、1870年に国際調停機関を設立した。また、同氏は1878年にパリで会議が開かれた、フランスにおける初の平和協会を設立した。同氏は1881年に国会議員となり、1885年までその役を務めあげた。同氏はフランスの代議院に置ける左翼の独立した共和主義者として、彼は自由貿易の主義と合わないからという理由でフランスの植民地政策に対して反対し、また、フランスが軍事縮小と国際紛争における調停的な役割を担うべきだと説いた。また、同氏は産業事故の特定の事象における法制も訴えた。同氏は別々の国から国の代表として選挙で選ばれた人々との協力のために作られた組織「列国議会同盟」の創設者の一人にもなっている。その後も彼は半世紀以上を平和運動に費やし、パシーはapostle of peace(平和の使徒)として知られるようになった。また、1901年にはアンリ・デュナンとともに第1回ノーベル賞を共同受賞している。その後も、同氏は歳を取るにつれて失明していったが、彼は仕事と執筆をやめなかった。彼が87歳の時、1909年に出版された同氏の個人的な記述『Pour la paix』においては、彼が遺憾に感じた伝記の代わりに、国際平和のために彼が行った仕事が記されている。彼は特に列国議会同盟が創設された時に関連して、Ligue internationale de la paixの創設のことを深く言及し、平和議会の発展やハーグ会議の価値について述べている。その後、彼は1912年6月にパリで90歳にして亡くなった[1][2][3][4][5]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フレデリック・パシーとは - Weblio辞書”. www.weblio.jp. 2020年11月15日閲覧。
  2. ^ 20世紀西洋人名事典. “フレデリック パシーとは” (日本語). コトバンク. 2020年11月15日閲覧。
  3. ^ UWC - Frederic Passy”. 2020年11月15日閲覧。
  4. ^ 【写真特集】あれから116年 第1回ノーベル賞授賞式 (アフロ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年11月15日閲覧。
  5. ^ Co-founder Frédéric Passy” (英語). Inter-Parliamentary Union. 2020年11月15日閲覧。