フレデリック・キャザーウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キャザーウッドの1844年の本に描かれた、本人の唯一の肖像とされるもの[1](拡大)

フレデリック・キャザーウッド(Frederick Catherwood、1799年2月27日 - 1854年9月27日)は、イギリス画家建築家探検家ジョン・ロイド・スティーヴンズとともに中央アメリカメキシコの古代マヤ遺跡を訪れ、緻密な絵を残したことで知られる。

生涯[編集]

コパン石碑Hのリトグラフ

キャザーウッドは今のロンドンハックニー区で生まれ、1815年から1820年まで建築家の見習いになった[2]

1821年からイタリアギリシア、中東とエジプトなどを旅行して遺跡をスケッチし、地図を作成した。1833年にはエジプトの軍人に変装してエルサレム岩のドームにはじめて入り、6週間かけて計測した[2]。帰国後、ロバート・バーフォードがキャザーウッドのスケッチをもとにパノラマを作成して展示した[2]

1836年、エルサレムのパノラマ展示の場でキャザーウッドはアメリカ合衆国の探検家ジョン・ロイド・スティーヴンズに会い、中央アメリカをふたりで探検することを決めた[3]。同年、キャザーウッドはニューヨークに移住した。ニューヨークでのパノラマ展示は大成功した[4]

1939年から翌年にかけて、スティーヴンズとキャザーウッドはコパンキリグアパレンケウシュマルなどのマヤ遺跡を訪れた[4]。当時、写真はまだ充分に発達していなかったが、キャザーウッドは画像を紙の上に投影するカメラ・ルシダを使用して、こみいったマヤの遺物を正確に描画した[1]。キャザーウッドの銅版による挿絵を載せた旅行記は1841年に出版され、ベストセラーになった。1841年から翌年にかけて再びスティーヴンズとともにユカタン半島各地の遺跡を訪れた。

1842年の火災によって、パノラマ、キャザーウッドが描いた多数の原画、収集したマヤ遺物などが失われた[5]。それでも1843年には新しい旅行記を出版している。

1844年にキャザーウッドは単独でリトグラフ印刷による25ページのカラー画集『Views of Ancient Monuments in Central America, Chiapas, and Yucatan』を出版した。キャザーウッドの絵は建物の前に人物やジャガーを描いたりするなど、おそらく芸術的配慮によって想像で追加された部分があったが[6]、遺物そのものの描写は正確であり、後の修復の参考資料として重要な役割を果たした。

1849年にカリフォルニア・ゴールドラッシュが始まると、キャザーウッドはサンフランシスコで坑夫のための道具を売る店を開いた[7]

1852年にスティーヴンズが病死した後、キャザーウッドは1841年にスティーヴンズと共著で出版した著書を改訂し、1854年に1巻本として出版した[8]。同年、ロンドンからニューヨークへの船旅の途上、乗っていた蒸気船アークティック号の衝突事故によって死亡した[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b Stuart (1992) p.15
  2. ^ a b c Palmquist & Kailbourn (2000) p.163
  3. ^ Palmquist & Kailbourn (2000) pp.163-164
  4. ^ a b Palmquist & Kailbourn (2000) p.164
  5. ^ Palmquist & Kailbourn (2000) p.165
  6. ^ Plate 25, Colossal Head, at Izamal, Smith College Libraries, https://www.smith.edu/libraries/libs/rarebook/exhibitions/catherwood/plate25.htm 
  7. ^ Mark (2012)
  8. ^ a b Stuart (1992) p.18

参考文献[編集]

外部リンク[編集]