フレデリック・エドウィン・チャーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フレデリック・エドウィン・チャーチ
Frederic Edwin Church
Frederic Edwin Church - Brady-Handy.jpg
生誕 1826年5月4日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハートフォード
死没 (1900-04-07) 1900年4月7日(73歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
著名な実績 風景画
運動・動向 ハドソン・リバー派
この人に影響を
与えた芸術家
トマス・コール

フレデリック・エドウィン・チャーチ英語: Frederic Edwin Church1826年5月4日 - 1900年4月7日)は、アメリカ合衆国画家

概要[編集]

コネチカット州ハートフォードに生まれた。父親は成功した実業家であった。家族の知り合いで、ハートフォードに公共美術館 ワズワース・アテネウム美術館(Wadsworth Atheneum)を作ったダニエル・ワズワースの紹介で、1844年に18歳でニューヨークで活動するトマス・コールの弟子となった[1]。コールの元で2年間学び、ニューイングランドの各地の風景画を描いた[2]

1846年にワズワース・アテネウム美術館がチャーチの作品を買い上げた。1848年にナショナル・アカデミー・オブ・デザインの準会員となり、翌年正会員に選ばれた。1848年には弟子として、スティルマン(William James Stillman:1828–1901)、1850年にはマクエンティ(Jervis McEntee:1828–1891)を教えている。

トマス・コールを師とした[3]が、その作風はコールとは対照的で、自然を丹念に調査し、人物等は配置せず、忠実にありのままの姿で描くことを良しとした[3]。ナイアガラやアンデスなどの壮大でドラマティックな光景を大画面に再現し、作者たる自分と同じ体験を見物人に味わってもらおうとした[3]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ Frederic Edwin Church”. Collection. Cooper-Hewitt, National Design Museum. 2012年9月30日閲覧。
  2. ^ Kelly, Franklin (1989). Frederic Edwin Church. National Gallery of Art. ISBN 978-0874744583
  3. ^ a b c 芦田 2007, p. 79.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、フレデリック・エドウィン・チャーチに関するカテゴリがあります。