フレデリック・エドウィン・チャーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フレデリック・エドウィン・チャーチ
Frederic Edwin Church
Frederic Edwin Church - Brady-Handy.jpg
生誕 1826年5月4日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハートフォード
死没 (1900-04-07) 1900年4月7日(73歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
著名な実績 風景画
運動・動向 ハドソン・リバー派
この人に影響を
与えた芸術家
トマス・コール

フレデリック・エドウィン・チャーチ英語: Frederic Edwin Church1826年5月4日 - 1900年4月7日)は、アメリカ合衆国画家

概要[編集]

トマス・コールを師とした[1]。しかしその作風はコールとは対照的で、自然を丹念に調査し、人物等は配置せず、忠実にありのままの姿で描くことを良しとした[1]。ナイアガラやアンデスなどの壮大でドラマティックな光景を大画面に再現し、作者たる自分と同じ体験を見物人に味わってもらおうとした[1]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 芦田 2007, p. 79.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、フレデリック・エドウィン・チャーチに関するカテゴリがあります。