フレデリック (デンマーク皇太子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フレデリック
Frederik
デンマーク王太子、モンペザ伯爵
Frederik, Crown Prince of Denmark.jpg
フレデリック王太子

続柄 マルグレーテ2世の長子
全名 Frederik André Henrik Christian
フレデリック・アンドレ・ヘンリック・クリスチャン
敬称 Hans Kongelige Højhed(殿下)
出生 (1968-05-26) 1968年5月26日(51歳)
 デンマークコペンハーゲン
配偶者 メアリー・ドナルドソン
子女 クリスチャン
イサベラ
ヴィンセント
ヨセフィーネ
父親 ヘンリック(アンリ・ド・ラボルド・ド・モンペザ)
母親 マルグレーテ2世
テンプレートを表示
デンマーク王室
Royal coat of arms of Denmark.svg

マルグレーテ2世女王


フレデリック・アンドレ・ヘンリック・クリスチャンFrederik André Henrik Christian1968年5月26日 - )は、王位継承順位第1位のデンマーク王位法定推定相続人で、デンマーク王太子kronprins til Danmark)、モンペザ伯爵(greve af Monpezat)。

デンマーク女王マルグレーテ2世とフランス出身のヘンリック王配長子(2男のうち長男)。弟にヨアキム王子がいる。

妻はオーストラリア出身のメアリー王太子妃。2男2女の4人の子どもがいる。

略歴[編集]

母マルグレーテ王女の腕に抱かれるフレデリク王子

1992年から2年間アメリカ合衆国に留学、ハーバード大学政治学を専攻。その後3ヶ月間ニューヨーク国際連合本部で、デンマーク国連大使のもとで勤務する。オーフス大学に1年在籍して修学したのち、1998年から1999年まで、パリの駐仏デンマーク大使館で一等書記官として勤務した。2009年から国際オリンピック委員会(IOC)委員を務める。同時に1986年よりデンマーク軍に所属。

2011年6月14日東日本大震災東北地方太平洋沖地震)で甚大な被害を受けた宮城県東松島市を慰問し、企業からの義援金を贈った。「子どもの健全育成に役立ててほしい」とのデンマーク政府・王室側の意向を受け、市は同日、「東松島市デンマーク友好子ども基金」を設立した[1]

2019年10月に妻のメアリー王太子妃と訪日し、今上天皇即位礼正殿の儀に参列した[2]

結婚と子女[編集]

2000年のシドニーオリンピックの観覧のためオーストラリアを訪問した際、従兄弟で旧ギリシャ王室のニコラオス王子と訪れていたバーでタスマニア州出身の豪州人女性メアリー・ドナルドソンと出会う。その時、彼は「フレッド」と名乗りメアリーには「自分が(デンマークの)王子である」とは言わなかった。1時間ほど談笑した頃に他の人に言われるまで、メアリーは「相手がデンマーク王太子だとは知らなかった」という。

2004年5月14日、メアリー・ドナルドソンと結婚した。

彼女はオーストラリア出身の人物としては初のヨーロッパ王室入りをした女性となった。

メアリー王太子妃との間に以下の2男2女をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ 宮城のニュース デンマーク皇太子が慰問 子ども基金を設立 東松島”. 河北新報: 2011年6月15日. 2011年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月26日閲覧。
  2. ^ “長年の交流”両陛下が特に喜ばれた国王夫妻”. テレビ朝日. (2019年10月23日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000167489.html 2019年11月12日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

上位:

本人物が最上位
デンマーク王位継承権者
継承順位第 1
下位:
クリスチャン
上位:
マルグレーテ2世
デンマーク女王
イギリス王位継承順位
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位:
クリスチャン
デンマーク王子