フレッド・カップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレッド・カップス (1959)

フレッド・カップスFred Kaps, 1926年6月8日 - 1980年7月22日)は、オランダ生まれの奇術師。「最高の奇術師」と呼ぶ者もいる。

至近距離で演じるクロースアップ・マジックから、サロンマジック、さらにはステージマジックでも活躍した。FISMという、マジック界最大級のコンテストで1950年から1961年まで3大会連続でグランプリを受賞している[1]

カップスの演じる奇術は、全て無駄な部分が取り去られている。そして、奇術師本人も現象に驚くというスタイルは、観客に好印象を与えていた。方法論については「古典を磨く」という印象が強い。その他にも、「効果が最も大切で、手段はその次」などの名言を残した。

技術的な素晴らしさ以上に、立ち振る舞いといった人間性が評価されており、20世紀を代表する奇術師のひとりである。

日本へは、1976年1979年に来ている[2]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『世界のマジシャン・フーズフー』116頁。
  2. ^ 『世界のマジシャン・フーズフー』117頁。

外部リンク[編集]