フルーレティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フルーレティFleurety)は、ヨーロッパの伝承に伝わる悪魔の1人。

概要[編集]

魔術悪魔学に関して記したグリモワールと呼ばれる一連の文献においてその名前が見られる。18世紀もしくは19世紀に民間に流布したグリモワールの1つである『真正奥義書』によれば、フルーレティはベルゼビュート配下の悪魔たちの長であり、ベルゼビュート、Tarchimache とともにアフリカに住まう[1]

『真正奥義書』と同じく18世紀以降に流布したと考えられているグリモワール『大奥義書』によれば、フルーレティは地獄の3人の支配者ルシファー、ベルゼビュート、アスタロトに仕える6柱の上級精霊の1柱であり、中将であるとされる[2]。精霊の大軍団を指揮しており、バティムピュルサンエリゴルを配下に持つ[3][4]。仕事を命じると夜のうちに片付けてしまうという。また、望む場所にを降らせる力を持つとされる。

作家・魔術研究家のドナルド・タイソンは、フルーレティがヨーハン・ヴァイヤーの『悪魔の偽王国』やグリモワール『ゴエティア』に登場する悪魔フラウロス(Flauros)に由来しているのではないかと推測している[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ The Book of Ceremonial Magic, p.186
  2. ^ The Book of Ceremonial Magic, p.187
  3. ^ The Book of Ceremonial Magic, pp.187-188
  4. ^ 『地獄の辞典』、p.120
  5. ^ Tyson, Donald. “FLEURETY” (英語). 2010年9月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • コラン・ド・プランシー地獄の辞典』床鍋剛彦訳、講談社、1990年。ISBN 4-06-201297-9 
  • Waite, A.E., The Book of Ceremonial Magic(1913), The Internet Sacred Text Archive 内の文書 (英語)