フルート協奏曲集 (ヴィヴァルディ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
作品10の表紙

フルート協奏曲集 作品10は、アントニオ・ヴィヴァルディが作曲した全6曲からなるフルート協奏曲集である。また音楽史上初のフルートのための協奏曲でもある。

正式な原題は「フラウト・トラヴェルソ、第1および第2ヴァイオリン、ヴィオラ、オルガン、チェロのための6つのコンチェルト」。

概要[編集]

1729年頃(ただし年代は明確ではない)にアムステルダムの楽譜出版社ミシェル=シャルル・ル・セーヌからの委嘱を受けて作曲されたものと伝えられる。ただし、それぞれの作曲された年代は不明である。

作曲の際ヴィヴァルディは、以前作曲した旧作から適切に選んで、フルート用に再度編曲している。全6曲のうち5曲には原曲である室内協奏曲の版が存在し、残りの第4番の原曲となるものは発見されていない。これは6曲をまとめるために新たに作曲したと考えられている。第5番の2楽章にヴィヴァルディの編曲指示が残っているため、編曲の大部分は出版社のほうで行った可能性が高い。

現在ではヴィヴァルディの代表的な作品として親しまれ、演奏や録音が多くなされている。

楽曲の構成[編集]

全6曲からなり、楽器編成は独奏フルート、弦楽4部、通奏低音である。

第1番 ヘ長調『海の嵐 (La Tempesta di Mare)』 RV.433[編集]

アントニオ・ヴィヴァルディ 作品10 第1番 「海の嵐 (La Tempesta di Mare)」RV 433


ガードナー室内管弦楽団、ポーラ・ロビソン(フルート)

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ヴィヴァルディは同名のヴァイオリン協奏曲も作曲しているが、関連性は持たない。16分音部による上昇音階と下降音階、分散和音の反復など、ヴェネツィアにおける海の嵐の情景がフルートで描写されている。原曲はRV.98である。演奏時間は約7分。

  • 第1楽章 アレグロ(ヘ長調、4分の4拍子)
  • 第2楽章 ラルゴ(ニ短調、4分の3拍子)
  • 第3楽章 プレスト(ヘ長調、8分の3拍子)

第2番 ト短調『夜 (La notte)』 RV.439[編集]

第3番 ニ長調『ごしきひわ (Il gardellino)』 RV.428[編集]

第4番 ト長調 RV.435[編集]

第4番のみ原曲が存在していないことから、この曲集のための新作と考えられている。演奏時間は約7分。

  • 第1楽章 アレグロ(ト長調、8分の3拍子)
  • 第2楽章 ラルゴ(ト長調、4分の4拍子)
  • 第3楽章 アレグロ(ト長調、4分の4拍子)

第5番 ヘ長調 RV.434[編集]

第5番は既存のオペラアリアからの借用で、全楽章に使用している。原曲であるRV.442の第2楽章(ヘ短調)を長二度上げてト短調としている。演奏時間は約8分。

  • 第1楽章 アレグロ・マ・ノン・タント(ヘ長調、4分の4拍子)
    オペラ『愛と憎しみに勝つ貞節 (La Costanza trionfante degl'amori e degl'odii) RV 706』からのアリアが引用されている。
  • 第2楽章 ラルゴ(ハ短調、8分の12拍子)
    オペラ『愛と憎しみに勝つ徳、すなわちティグラネス王 (La virtu trionfante dell'amore e dell'odio vero il tigrane) RV 740』からのアリアをテンポを遅くして引用されている。
  • 第3楽章 アレグロ(ヘ長調、4分の2拍子)
    オペラ『狂気を装うオルランド (Orlando finto pazzo) RV 727』のアリアを引用している。

第6番 ト長調 RV.437[編集]

原曲はRV.101。第2楽章の主題は第3楽章で長調になって再現される。演奏時間は約8分。

  • 第1楽章 アレグロ(ト長調、4分の4拍子)
  • 第2楽章 ラルゴ(ト短調、4分の3拍子)
  • 第3楽章 アレグロ(ト長調、4分の3拍子)

参考資料[編集]

外部リンク[編集]