フルベッキ群像写真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フルベッキ群像写真(フルベッキ写真)

フルベッキ群像写真(フルベッキぐんぞうしゃしん)は、在米オランダ改革派教会から派遣されたオランダ出身の宣教師グイド・フルベッキとその子[注 1][1]佐賀藩藩校致遠館」の学生・教師との計46名で写した集合写真の俗称である[2][3]。撮影時期は、明治元年(1868年)10月から11月と推定[2]されている。「フルベッキ写真」、「フルベッキと塾生たち」とも呼ばれる[4]

経緯[編集]

この写真は古くから知られており、雑誌『太陽』(博文館)の明治28年(1895年)7月号に、佐賀の学生たちの集合写真として紹介された。この「フルベッキ博士とヘボン先生」という記事を書いた戸川安宅は被写体となった人々については一切言及していない[5]。日本滞在経験のある日本学の研究者ウィリアム・グリフィスはその著書『Verbeck of Japan』(1900年)の中で、フルベッキがアメリカに送ったこの写真は「のちに政府の様々な部署で影響力を持った人々」「のちに皇国の首相となった人物」が写されていると述べており、大隈重信岩倉具定岩倉具経らが確認できる、としている[6]。その後、明治40年(1907年)に刊行された『開国五十年史』(大隈重信編)にも「長崎致遠館 フルベッキ及其門弟」のタイトルで掲載されている。

写真についての推定[編集]

この写真は写真師の上野彦馬長崎上野撮影局において、フルベッキ父子2名と「致遠館」(佐賀藩が長崎に設けた英学校)の学生・教師44名を撮影したものである。明治元年10月27日1868年12月10日)に致遠館に留学した岩倉具定・具経兄弟(岩倉具視の次男・三男)がフルベッキ父子の左右に写っている(グイド・フルベッキの向かって右が岩倉具定、エマ・フルベッキの向かって左が岩倉具経)ことや[7]、撮影が行われた上野彦馬のスタジオ内の背景などから、慶応年間の撮影はあり得ない[8][9]。高橋信一は、岩倉兄弟などの長崎滞在の時期から見て明治元年(1869年)の10月28日から11月19日までの間に撮影されたと推測している[10][2]。一方、上野彦馬の一族である上野一郎明治2年(1869年)の撮影であると推定している。

上野一郎によると、撮影場所の長崎上野撮影局は、早ければ慶応3年(1867年)末から慶応4年(1868年)にかけて、写場の大改造が行われている。フルベッキ写真の手前側に石畳があることから、改造後の写場で撮影されている[1]

2013年にその証拠となる写真も発見されている。明治元年10月8日(1868年11月21日)にフルベッキと佐賀藩中老・伊東次兵衛(外記、祐元)が致遠館教師である佐賀藩士5人(中島永元、堤薫信、中野健明中山信彬、副島要作)と一緒に撮影されたガラス湿板写真(撮影者は上野彦馬)が見つかった[11]。その写真の撮影日を裏付ける伊東次兵衛の日記[12]の存在も知られている。ガラス板に写る致遠館教師5人はほぼ同じ姿で「フルベッキ群像写真」にも写っている[13][14]

「フルベッキ群像写真」に写っている致遠館の学生の名前も徐々に判明してきている。フルベッキ親子の両隣にいる岩倉兄弟をはじめ、折田彦市相良知安石丸安世山中一郎香月経五郎中島永元丹羽龍之助石橋重朝江副廉造大庭櫂之助中野健明など、維新の志士ほどではないにしても政治家や官僚としてのちの歴史に名を遺す人物も確認されている。

「維新の志士達の集合写真」説[編集]

昭和49年(1974年)、肖像画家の島田隆資が雑誌『日本歴史』に、「この写真には坂本龍馬西郷隆盛高杉晋作をはじめ、明治維新の志士らが写っている」とする論文を発表した(2年後の昭和51年(1975年)にはこの論文の続編を同誌に発表)[5]。島田は、彼らが写っているという前提で、写真の撮影時期を慶応元年(1865年)と推定[5]した。佐賀の学生たちとして紹介された理由は、「敵味方に分かれた人々が写っているのが問題であり、偽装されたもの」だとした[4]

島田の説は学会では相手にされなかったが、一時は佐賀市の大隈記念館でもその説明を取り入れた展示を行っていた。また、昭和60年(1985年)には自由民主党二階堂進副総裁が議場に持ち込み、話題にしたこともあったという[15]。また、平成16年(2004年)には、朝日新聞毎日新聞日本経済新聞にこの写真を焼き付けた陶板の販売広告が掲載された[注 2]東京新聞が行った取材では、各紙の広告担当者は「論議がある写真とは知らなかった」としている。また、業者は「フルベッキの子孫から受け取ったもので、最初から全員の名前が記されていた」と主張している[注 3]。平成21年(2009年)にも、朝日新聞と毎日新聞は「フルベッキ写真の陶板」広告を掲載している。また、平成22年(2010年)には、コンピューターで画像処理され、写真に写る46人全員が色付けされて販売され、スポーツ報知に広告が掲載された[16]

ヨドバシカメラ機関誌に掲載された誤情報

この写真の話題は、間歇的に復活してその度に否定されるにも関わらず再度流行する傾向がある。ちなみに、最初に島田隆資が同定した維新前後の人物は22人であったが、流通するたびに徐々に増加し、現在では44人の人物すべてに維新前後の有名人物の名が付けられている。

島田隆資と同様の見解を取るものの中には、大室寅吉(大室寅之祐)という名でのちの明治天皇が写っているとした説を唱えるものや、「明治維新は欧米の勢力が糸を引いていた」説等の陰謀論偽史の「証拠」とする例もある(松重正、加治将一大野芳ら)[18]

石黒敬章は、フルベッキの後ろに写るごつい顔の人物が、誰であるかはまだ同定できていないが、西郷でないことだけは確かである、としている[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 古写真研究家の高橋信一は次女のエマ・ジャポニカ・フルベッキ(1863年2月4日生)としている[要出典]
  2. ^ これは、佐賀県有田市の陶器業者である山口孝が製作販売したもの。「日本を動かした幕末維新の志士達」というタイトル付きの、46人の名前が入ったフルベッキ群像写真の陶板額で、現在でも長崎などの土産物店でこの説を取り入れた商品が販売されることがある[16]
  3. ^ 子孫とされているオランダ人の血を引く日本人は、フルベッキと全く血縁のない人物であることが判明している[17]

出典[編集]

  1. ^ a b c 石黒敬章 (2014), p. 35.
  2. ^ a b c 石黒敬章 (2014), p. 34.
  3. ^ 倉持基「フルベッキと塾生たち写真の一考察」、『上野彦馬歴史写真集成』 pp.98-102
  4. ^ a b 斎藤充功 (2012), p. 4.
  5. ^ a b c 村瀬寿代 (2000), p. 84.
  6. ^ 村瀬寿代 (2000), p. 87.
  7. ^ 村瀬寿代 (2000), p. 88.
  8. ^ 上野一郎「撮影年代を推定する」、『写真の開祖 上野彦馬』 pp.205-213
  9. ^ 村瀬寿代 (2000), p. 83.
  10. ^ 高橋信一 (2007), p. [要ページ番号].
  11. ^ 「フルベッキ写真」伝説覆す原板」『読売新聞読売新聞社、2013年4月24日、文化面。オリジナルの2017年8月16日時点におけるアーカイブ。
  12. ^ 「幕末伊東次兵衛出張日記」『佐賀県近世史料』第5巻第1号、佐賀県立図書館、2008年。
  13. ^ 倉持基 & 高橋信一 (2013), pp. 190–199.
  14. ^ 丹下甲一 (2013), pp. 208–217.
  15. ^ 斎藤充功 (2012), p. 113.
  16. ^ a b 斎藤充功 (2012), p. 114.
  17. ^ 斎藤充功 (2012), p. 116.
  18. ^ 『決定版 秘密結社の暗号FILE』 pp.165-170

参考文献[編集]

書籍[編集]

論文[編集]

外部リンク[編集]