フルフリルアルコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フルフリルアルコール
識別情報
CAS登録番号 98-00-0
特性
化学式 C5H6O2
モル質量 98.10 g/mol
密度 1.130 g/cm3
融点

-29 °C

沸点

170 °C

危険性
MSDS External MSDS
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フルフリルアルコール(Furfuryl alcohol)、2-フリルメタノールまたは2-フリルカルビノールとは、フランヒドロキシメチル基が置換した有機化合物である。焼けたような臭いと苦味を持つ透明な褐色の液体で、水と均一に混和するが水溶液は不安定である。一般的な有機溶媒であり、酸処理すると樹脂化する。

フルフリルアルコールはトウモロコシの穂軸やサトウキビバガスに含まれるフルフラール触媒による水素添加反応により工業的に製造される。フルフリルアルコールは溶媒としても利用されるが、主たる用途は鋳物の樹脂や接着剤、湿潤剤など様々な化成品の原料として利用されている。

また、フルフリルアルコールは硝酸または赤煙硝酸を酸化剤として自己着火性(接触混合すると瞬時に反応する)のロケット燃料としても利用されている。それ故、フルフリルアルコールはこれらの着火剤と分離しておく必要がある。

そしておそらくはフルフリルアルコールはBKチャネルアゴニストである。

註・出典[編集]


外部リンク[編集]