フルバック (ラグビーリーグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フルバック: Fullbackまたはfull-back)は、ラグビーリーグフットボールチームにおけるポジションの1つである。典型的には背番号1を付ける。フルバックはチームの「バックライン」(背番号1番–7番)の一員である[1]。本ポジションの名称は守備においてフォワード(8番–13番)、ハーフバックス(6番および7番)、スリークォーターバックス(2番–5番)の後方の守備の最後尾に位置する責務から来ている[2]。フルバックはしたがって守備の最終ラインであり[3]、相手選手をタックルし、チームメイトを切り抜けてきたキックからのボールを再び集めなければならない[4]。これが、フルバックが「スイーパー(sweeper; 〈ほうきを使った〉掃除人)」または「カストーディアン(castodian; 管理人)」とも呼ばれる理由である[5]。高いボム(爆弾)キック英語版を確保できることもフルバックに高度に求められる資質である[6]

フルバックは攻撃において最も重要なポジションの1つでもあり[7]、6回の攻撃権のうちにほぼ必ずボールを手で扱い、しばしばフィールド上のオープンスペースへと走る[8]。したがって、2人のハーフバックとフッカーと共に、フルバックはチームの「背骨」と呼ばれる4つの鍵となるポジションの1つである[9]。フルバックはほとんどのサポートランを行うため、フルバックの役割にある選手は他のどのポジションよりも非常に高負荷のランニングを遂行する[10]

ラグビーリーグ国際連盟競技規則は、「フルバック」が背番号1でなければならない、と述べている[11]。しかしながら、伝統的に選手の背番号は変わってきており、現代のスーパーリーグでは、それぞれのチームの選手はポジションにかかわらず個別の背番号を割り当てられている。

特筆すべきフルバック[編集]

それぞれの国のラグビーリーグ殿堂入りしたフルバックには、フランスのピュイグ・オベール英語版、オーストラリアのクライヴ・チャーチル英語版チャールズ・フレイザー英語版、ウェールズのジム・サリヴァン英語版、ニュージーランドのデズ・ホワイト英語版がいる。1950年代の選手としてのチャーチルの攻撃の才能は、フルバックの役割を変えたと評価されている[12]ダレン・ロッキャー英語版の才能も同様である[13]

出典[編集]

  1. ^ Hickey, Julia (2006). Understanding Rugby League. UK: Coachwise. ISBN 9781905540105. https://books.google.com/books?id=GU3ezfInjVwC 
  2. ^ news.bbc.co.uk. “Positions guide: Full-back”. Rugby League: Laws & Equipment. BBC Sport. 2012年7月11日閲覧。
  3. ^ Rob, Lancaster (2011年10月6日). “Final battles”. Sky Sports. http://www.skysports.com/story/0,,12040_7228115,00.html 2012年7月16日閲覧。 
  4. ^ therfl.co.uk. “Understanding Positions”. A Guide to the Game. ラグビー・フットボール・リーグ. 2012年6月24日閲覧。
  5. ^ Hall, Sam (2011年11月30日). “Rejuvenated Denan Kemp puts hand up for custodian spot”. Illawarra Mercury. http://www.illawarramercury.com.au/news/local/sport/rugby-league/rejuvenated-denan-kemp-puts-hand-up-for-custodian-spot/2375258.aspx 2012年7月11日閲覧。 
    - halifaxcourier.co.uk (2008年8月15日). “Fax is Miles better for me: Greenwood”. Halifax Courier. http://www.halifaxcourier.co.uk/news/rugby-league-fax-is-miles-better-for-me-greenwood-1-1916299 2012年7月11日閲覧。 
  6. ^ Chris, Garry (2012年6月26日). “Safety stats add up to Greg Inglis at Maroons fullback”. The Courier-Mail. http://www.news.com.au/sport/nrl/safety-stats-add-up-to-greg-inglis-at-maroons-fullback/story-fndv2twz-1226408324570 2014年1月8日閲覧。 
    - Stannard, Damien (2012年6月29日). “Brisbane Broncos goggle-eyed over high-ball threat”. The Courier-Mail. http://www.couriermail.com.au/sport/nrl/brisbane-broncos-goggle-eyed-over-high-ball-threat/story-e6frep5x-1226411548075 2014年1月8日閲覧。 
  7. ^ Kent, Paul (2012年9月5日). “Evolution of the game: Fullback goes past halfback as NRL's most important position”. The Daily Telegraph. http://www.foxsports.com.au/league/evolution-of-the-game-fullback-goes-past-halfback-as-nrls-most-important-position/story-e6frf3ou-1226465268046#.UiaVijZmiSo 2013年9月4日閲覧。 
  8. ^ Bryan, Andrew (2012年6月29日). “Back yourself in Origin Dream Team”. nswrl.com.au. http://www.nswrl.com.au/default.aspx?s=article-display&id=58252 2012年7月11日閲覧。 
  9. ^ Read, Brent (2012年2月11日). “Coach Tim Sheens yet to crack Wests Tigers' backbone”. The Australian. http://www.theaustralian.com.au/sport/coach-tim-sheens-yet-to-crack-wests-tigers-backbone/story-e6frg7mf-1226268222102 2012年7月11日閲覧。 
  10. ^ “Positional match demands of professional rugby league competition”. J Strength Cond Res 25 (11): 3076–87. (2011). doi:10.1519/JSC.0b013e318212dad6. PMID 21993021. 
  11. ^ The International Laws of the Game and Notes of the Laws. RLIF. (2007). pp. 9. http://rlifmedia.dyndns.org/docs/rugby_laws_book_2007_%20(2).pdf 
  12. ^ Middleton, David (2008). League of Legends: 100 Years of Rugby League in Australia. National Museum of Australia. pp. 31. ISBN 978-1-876944-64-3. http://www.nma.gov.au/shared/libraries/attachments/league_of_legends/rugby_league_a_work_in_progress/files/22453/F_RL_work_in_progress.pdf 
  13. ^ Jackson, Glenn (2011). Benji: My Story. New Zealand: Hachette. ISBN 9781869712648. https://books.google.com/books?id=DbnjF6Q-ZxIC&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false 

関連項目[編集]