フリープラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社フリープラス
FREEPLUS Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
530-0011
大阪府大阪市北区大深町4-20
グランフロント大阪タワーA 29F
設立 2007年(平成19年)6月8日
業種 サービス業
法人番号 6120001124433
事業内容 訪日旅行事業
ホテルマネジメント事業
観光立国推進事業
代表者 代表取締役社長 須田 健太郎
資本金 7000万円
純利益 ▲1億1452万7000円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 15億6364万6000円(2018年12月31日時点)[1]
外部リンク www.freeplus.co.jp
特記事項:大阪府知事登録旅行業 第2-2575号
テンプレートを表示

株式会社フリープラス(英:FREEPLUS Inc.)は、大阪府大阪市北区に本社を置く、訪日関連事業に特化した日本の企業。

概要[編集]

創業者で現在の代表取締役社長は、須田健太郎

「世界でもっとも素敵なメンバーが、世界中の素敵なお客様に、人生に残る思い出をプレゼントする。」を企業理念とし、「日本の観光立国を成し遂げ、日本のファンを世界に広げ、日本の元気の原動力となる。」を会社の使命として掲げ、訪日観光関連事業に特化した事業を行うベンチャー企業。訪日関連事業における垂直統合を戦略としている。

内定通知書を代表取締役が内定者へ直接手渡しを行ったり[2]、未開拓の海外地域の新規開拓を任せるアドベンチャー採用制度などの採用を行なっている。

2013年4月に単月売上高1億円を、2014年には単月売上高3億円と過去最高益を記録[3]

2015年3月期の売上高は約18億、2016年3月期の売上高は約38億に拡大し、現在アジアを中心に31か国から累計約31万人の訪日旅行客を受け入れており、ドバイやアブダビなど中東地域や欧米、オセアニアの開拓も始めている[4]

2015年4月から訪日観光客へのインタビューやアンケートを代行する調査ビジネスを開始[4]。同年7月には、東南アジアなどから訪れる外国人観光客と日本人が同乗できるバスツアーGLOBALimo(グローバリモ)サービスを開始[5]

2016年度版「働きがいのある会社ランキング」、従業員25-99人の小規模部門で22位にランクイン[6]

2016年5月には、「世の中に ”盛られていない” 情報をお届けしたい」という思いから、インバウンドに関するリアルな情報を提供する「INBOUND RESEARCH.jp」の運営を開始。同年7月からは、地方活性化を推進するために従来の「JAPAN TIMELINE」に加え、ファムトリップの誘致、海外セールスの同行及びセッティング、ルート造成などを手がける地方創生本部を立ち上げる。同年10月には、アジア9か国のインフルエンサーが口コミを配信するサービス「All Asia KOL」の提供も開始。

2017年4月には、大阪市西成区にインバウンドに特化したホテル「FP HOTELS 難波南」をオープンし、宿泊事業に参入。2018年10月には2棟目(大阪)、2019年2月には3棟目(福岡)をオープンする予定で、その後、日本全国での展開も計画中。

2017年12月には、VRを製作する企業や国際チャーター便を手配する企業と資本・業務提携を結び、従来のランドオペレーター業の枠に収まらない事業領域の拡大を図っている。

2018年2月には、Peach Aviation 株式会社 から6億円の出資受入を実施し、C2C型の旅予約サイト「COTABI」事業に参画することを発表した[7]

2018年度版「働きがいのある会社ランキング」、従業員100-999人の中規模部門で32位にランクイン[8]

Financial Times社, Statista社 が選ぶ アジア急成長企業1,000社に選定。

沿革[編集]

  • 2007年(平成19年)
  • 2008年(平成20年)11月 - 日本の職人が作るオーダーメイド革靴"AKIZUMI"オンラインストアオープン。
  • 2009年(平成21年)
  • 2010年(平成22年)
    • 9月 - 上海に"上海日景商务信息咨询有限公司"を設立。
    • 10月 - 訪日旅行事業開始[9]
  • 2011年(平成23年)5月 - 国際合作旅行社有限公司上海分公司との訪日旅行事業における業務提携。
  • 2013年(平成25年)4月 - インドネシアジャカルタに FREEPLUS Indonesia 開設。
  • 2014年(平成26年)4月 - 海外旅行会社向け訪日観光情報ポータルサイト「JAPAN TIMELINE」の提供を開始[10]
  • 2015年(平成27年)
    • 4月 - 訪日観光客へのインタビューやアンケートを代行する調査ビジネスを開始[4]
    • 6月 - 訪日外国人観光客のバスツアーに日本人が同乗できるサービスGLOBALimo(グローバリモ)を開始[5]
    • 12月 - 海外の富裕層向けオーダーメード訪日旅行を提供するサービスGUIDEST(ガイデスト)をリリース[11]
  • 2016年(平成28年)
    • 3月 - 訪日団体観光客向け飲食店即時予約プラットフォームJAPARESをリリース[12]
    • 5月 - インバウンドに関する様々な情報をお届けするサイト " INBOUND RESEARCH .jp " を公開。
    • 7月 - 地方に訪日外国人誘致を支援する 地方創生本部を設置。
    • 10月 - アジア9か国のインフルエンサーが口コミを配信するサービス " All Asia KOL " の提供を開始。
  • 2017年(平成29年)
    • 4月 - 大阪市西成区にインバウンドに特化したホテル、 FP HOTELS 難波南 をオープン。
    • 9月 - 北海道支社を開設。
    • 12月 - VR 制作、VR 体験をプロデュースする floor vr に出資。
    • 12月 - 国際チャーター便手配専門会社 ステラジャパンの子会社化に向けた出資を実施し、経営に参画。
  • 2018年(平成30年)
    • 2月 - Peach Aviation 株式会社 から6億円の出資受入を実施。

受賞歴[編集]

  • 2013年平成25年) - 2013年度インデペンデンツクラブ大賞 最優秀賞[13](主催:株式会社インディペンデンツクラブ)
  • 2014年(平成26年) - EY Entrepreneur Of The Year Japan Challenging Spirit 部門ファイナリスト[14](主催:Ernst&Young)
  • 2016年(平成28年) - ニッポン新事業創出大賞 グローバル部門 優秀賞 [15](主催:公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会)
  • 2017年(平成29年) - はばたく中小企業・小規模事業者300社に選定(主催:中小企業庁)
  • 2018年(平成30年) - アジア急成長企業1,000社に選出され154位にランクイン[16](主催:Financial Times社, Statista社)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 株式会社フリープラス 第12期決算公告
  2. ^ 関西の中小、新卒採用で対話を重視 大手に対抗 - 日本経済新聞 2014年6月17日
  3. ^ 「ニッポン」を世界に営業する男 - 日経ビジネスオンライン 2014年8月12日
  4. ^ a b c フロントランナー 小なれど新「外国人観光客にスシはいらない」 - 日経ビジネス 2015年6月8日号
  5. ^ a b フリープラス 訪日外国人ツアーに日本人同乗枠 - 日本経済新聞 2015年6月7日
  6. ^ 働きがいのある会社ランキング - GREAT PLACE TO WORK 2016年3月5日閲覧
  7. ^ ピーチ、訪日スタートアップに出資6億円 - 日本経済新聞
  8. ^ 2018年度版「働きがいのある会社ランキング」 - GREAT PLACE TO WORK
  9. ^ 訪日観光業からみる、アジアの未来~クアラルンプール生まれの若者の世界への挑戦~ - ECOZZERIA 3*3 LABO 2014年8月21日閲覧
  10. ^ Freeplus Launches Website Called "JAPAN TIMELINE" to Provide Japan Tourism Information for Travel Agencies Around World - Yahoo Finance 2014年4月7日
  11. ^ フリープラス 海外富裕層向け訪日旅行 オーダーメード方式 - 日本経済新聞 2015年12月28日
  12. ^ フリープラス、訪日団体観光客向け飲食店即時予約プラットフォームをリリース - VentureTimes 2016年5月10日閲覧
  13. ^ インデペンデンツクラブ- THE INDEPENDENTS CLUB
  14. ^ 起業家表彰制度 "EY Entrepreneur Of The Year 2014 Japan" 日本代表候補の起業家を決定 - EY Entrepreneur Of The Year ニュースリリース 2014年11月26日
  15. ^ グローバル大賞 表彰式 -
  16. ^ T 1000: High-Growth Companies Asia-Pacific -

外部リンク[編集]