フリードリヒ4世 (ニュルンベルク城伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フリードリヒ4世
Friedrich IV.
ニュルンベルク城伯
Frederick IV, Burgrave of Nuremberg.jpg
フリードリヒ4世のシール
在位 1300年 - 1322年

出生 1287年以降
死去 1332年5月19日
配偶者 マルガレーテ・フォン・ケルンテン
子女 一覧参照
家名 ホーエンツォレルン家
父親 ニュルンベルク城伯フリードリヒ3世
母親 ヘレーネ・フォン・ザクセン
テンプレートを表示

フリードリヒ4世・フォン・ニュルンベルクFriedrich IV. von Nürnberg1287年(またはそれ以後)- 1332年5月19日)は、ホーエンツォレルン家ニュルンベルク城伯

生涯[編集]

フリードリヒは、ニュルンベルク城伯フリードリヒ3世とヘレーネ・フォン・ザクセンの息子。1300年に兄のヨハン1世が、わずか3年の治世で亡くなると、彼がその跡を継いだ。1322年に城伯は、伏兵を用いてミュールドルフの戦いに勝利し、対立王であるハプスブルク家オーストリア公フリードリヒ3世を捕虜にした。1331年にはアンスバッハを購入することで獲得した。その翌年に彼は亡くなり、息子のヨハン2世が跡を継いだ。

子女[編集]

フリードリヒ4世は、1307年8月2日にマルガレーテ・フォン・ケルンテンと結婚した。子供は以下の通り。

参考文献[編集]

  • M. Spindler, A. Kraus: Geschichte Frankens bis zum Ausgang des 18. Jahrhunderts, München 1997. ISBN 3-406-39451-5

上記の文献は、ドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際して直接参照してはおりません。

先代:
ヨハン1世
ニュルンベルク城伯
1300年 - 1322年
次代:
ヨハン2世