フリードリヒ2世 (ブランデンブルク選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フリードリヒ2世
Friedrich II.
ブランデンブルク選帝侯
1440 friedrich II.jpg
在位 1440年 - 1470年

出生 (1413-11-19) 1413年11月19日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Brandenburg (1340-1657).svg ブランデンブルク辺境伯領、タンガーミュンデ
死去 (1471-02-10) 1471年2月10日(57歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Brandenburg (1340-1657).svg ブランデンブルク辺境伯領、ノイシュタット・アン・デア・アイシュ
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Brandenburg (1340-1657).svg ブランデンブルク辺境伯領ハイルスブロン修道院
配偶者 カタリーナ・フォン・ザクセン
子女 ドロテア
マルガレーテ
ヨハン
エラスムス
家名 ホーエンツォレルン家
父親 フリードリヒ1世
母親 エリーザベト・フォン・バイエルン
テンプレートを表示
フリードリヒ2世

フリードリヒ2世(Friedrich II., 1413年11月19日 - 1471年2月10日)は、ブランデンブルク選帝侯(在位:1440年 - 1470年)。フリードリヒ1世下バイエルン=ランツフート公フリードリヒの娘エリーザベトの次男。ヨハン錬金術伯の弟、アルブレヒト・アヒレスの兄。自領の統治に専念し、ベルリンの抵抗を排除し手に入れたその強い意志から、鉄歯侯と呼ばれる[1]

生涯[編集]

1440年に父が死去した際、兄ヨハンが錬金術に熱中し政治的に無能であったため、次男であったが選帝侯位を継承した[2]1443年ベルリン新宮殿を建設したが、これに反対する住民の反乱を鎮圧、1451年にこの宮殿に入った。背景には、中央集権を進めるフリードリヒ2世と特権の剥奪を恐れた市民の対立もあったとされる。1470年に退位、弟のアルブレヒト・アヒレスに選帝侯位を譲り、1年後に死去した。

1421年ポーランド王ヴワディスワフ2世の娘ヤドヴィガと婚約したが、1431年にヤドヴィガが死去したため話は立ち消えとなった。1441年ザクセン選帝侯フリードリヒ1世の娘カタリーナと結婚した。2男2女が生まれたが、息子はいずれも成人に達せず早世したため、アルブレヒト・アヒレスが相続人となった。

  • ドロテア(1446年 - 1519年) - 1464年にザクセン=ラウエンブルク公ヨハン4世と結婚。
  • マルガレーテ(1450年 - 1489年) - 1477年にポンメルン公ボギスラフ10世と結婚。
  • ヨハン(1452年 - 1454年)
  • エラスムス(1453年 - 1465年)

脚注[編集]

  1. ^ 岡地、付録p. 56
  2. ^ 岡地、付録p. 64

参考文献[編集]

  • 岡地稔 『あだ名で読む中世史』 八坂書房、2018年
先代:
フリードリヒ1世
ブランデンブルク選帝侯
1440年 - 1470年
次代:
アルブレヒト・アヒレス