フリードリヒ2世 (シュヴァーベン大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フリードリヒ2世
Friedrich II.
シュヴァーベン大公
Frederick II of Swabia.jpg
Chronica S. Pantaleonisに描かれたフリードリヒ2世
在位 1105年 - 1147年

出生 1090年
死去 1147年4月4日/6日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国アルツァイ
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国、ザンクト・ヴァルブルガ修道院
配偶者 ユーディト・フォン・バイエルン
  アグネス・フォン・ザールブリュッケン
子女 フリードリヒ
ベルタ
ユッタ
コンラート
ルイトガルト
家名 シュタウフェン家
父親 シュヴァーベン大公フリードリヒ1世
母親 アグネス・フォン・ヴァイプリンゲン
テンプレートを表示

シュヴァーベン公フリードリヒ2世(Friedrich II., Herzog von Schwaben, 1090年 - 1147年4月4日/6日)は、シュタウフェン家シュヴァーベン大公(在位:1105年 - 1147年)。独眼公(der Einäugige)とよばれる。弟コンラート3世は、1138年にシュタウフェン家で初めてローマ王に選出された。また、フリードリヒは皇帝フリードリヒ1世の父である。

生涯[編集]

フリードリヒ2世はシュヴァーベン公フリードリヒ1世と皇帝ハインリヒ4世の娘アグネスとの間の息子である。1105年に父フリードリヒが死去し、シュヴァーベン公位を継承し、弟コンラートとともにシュタウフェン家の領土を築き上げた。コンラートは旧フランケン公領に領土を手に入れ、フリードリヒはミッテルライン地方およびアルザスを中心として、多くの城を築いた。

1108年、フリードリヒはハンガリー王カールマーン1世に対する遠征に参加した。1110年もしくは1111年に、教皇パスカリス2世との会見のためローマに向かう皇帝ハインリヒ5世に随行した。ドイツで反皇帝の動きが起こった際も、フリードリヒは皇帝に忠実に仕え、1116年に皇帝がイタリア遠征を行っている間、フリードリヒとコンラートが摂政をつとめた。これによりシュタウフェン家はラインフランケン地方の領地を手に入れた。

1120年、フリードリヒはバイエルン公ハインリヒ9世の娘ユーディトと結婚し、1122年に長男フリードリヒが生まれた。

1125年に皇帝ハインリヒ5世が死去し、ザーリアー朝の男系が断絶した。同年8月24日、後継者を決めるためマインツで帝国会議が開催され、フリードリヒがその候補者の一人となった。ハインリヒ5世はフリードリヒを後継者と考えていたとも、次の後継者が決まるまでフリードリヒが帝国の秩序を維持する役目を担うべきと考えていたとも、見方が分かれている。フリードリヒとコンラートの兄弟は母アグネスを通し、ザーリアー家の所領を相続していた。帝国会議は混乱したが、最終的にザクセン公であったロタール3世がローマ王に選出された。フリードリヒはこの決定を受け入れたものの、ロタールに対する忠誠の誓いは拒否した。直後に、フリードリヒらが相続した領地が王領かザーリアー家私領かで問題となった。フリードリヒとコンラートの兄弟はハインリヒ5世の領地を相続してライン川で分割し、リンクスライニッシェ(ライン川左側)をフリードリヒが、レヒツライニッシェ(ライン川右側)をコンラートが手に入れていたが、これをロタールに返還するか否かで議論になったのである。

1125年11月、レーゲンスブルクの法廷でロタールはシュタウフェン家に対し、ザーリアー家の遺領から王領を分割してロタールに返還するよう要求した。しかしフリードリヒらはこれに応えず、12月にロタールはフリードリヒらに帝国アハト刑を与えた。1126年1月、ゴスラーでシュタウフェン討伐のため軍を送ることを決定した。王と諸侯の軍は戦わずして上ロートリンゲン、ラインフランケンおよびアルザスの大部分の所領を占領した。しかし、ヴェルフ家によるシュタウフェン家の本拠地への攻撃は失敗に終わった。また、1127年のロタールによるニュルンベルクの包囲も成功しなかった。この一連の戦いで、フリードリヒは片目を失明し、そのため以後王位候補者からは外れたと見られている。


アルザスのヴァルブールにあるザンクト・ヴァルブルガ修道院

1127年、弟コンラートが聖地から戻り、シュタウフェン家の原動力となった。同年12月、コンラートは対立王にたてられた。コンラートがイタリアにおける勢力の拡大を図る一方、フリードリヒは軍事面で主導権を握り続け、1128年にはシュパイアーを獲得した。しかし1130年、ロタールはシュパイアーを取り戻し、その後しばらくしてフリードリヒの妃ユーディトが死去した。また同年、ニュルンベルクも陥落した。1131年にはシュタウフェン家はアルザスを完全に失い、シュヴァーベンおよび東フランケンのみが残された。ロタールはシュタウフェン家への攻撃をやめ、帝国内の権力拡大とイタリア政策に専念した。

1132年、フリードリヒはアグネス・フォン・ザールブリュッケンと再婚し、反ロタール派との連携を強めた。1134年、ロタールはイタリアから帰還し、再びシュタウフェン家と対立した。北からロタール、南からバイエルン公ハインリヒ傲岸公の攻撃を受け、フリードリヒは劣勢となった。1135年春、バンベルクでフリードリヒはロタールに降伏し、コンラートも王位を放棄し、イタリア遠征への支援を約束した。

1147年、フリードリヒはアルツァイで死去し、自身が創建したアルザスのザンクト・ヴァルブルガ修道院(サント・ヴァルビュルジュ修道院)に葬られた。そこには妃アグネスも葬られたが、二人の墓は現存しない。

長男フリードリヒがシュヴァーベン公位を継承したが、1152年、ドイツ王に選出された。

子女[編集]

1120年にバイエルン公ハインリヒ9世の娘ユーディト(1130/1年死去)と結婚し、以下の子女をもうけた。

  • フリードリヒ(1122年 - 1190年) - 神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世・バルバロッサ
  • ベルタ(? -1194/5年) - ロレーヌ公マチュー1世と結婚

1132/3年頃にアグネス・フォン・ザールブリュッケンと結婚、以下の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Hagen Keller: Schwäbische Herzöge als Thronbewerber: Herzog Hermann II. (1002), Rudolf von Rheinfelden (1077), Friedrich von Schwaben (1125). Zur Entwicklung von Reichsidee und Fürstenverantwortung, Wahlverständnis und Wahlverfahren im 11. und 12. Jahrhundert, in: Zeitschrift für die Geschichte des Oberrheins Bd. 131 (1983), S. 123–162.
  • Hansmartin Schwarzmaier: Pater imperatoris. Herzog Friedrich II. von Schwaben, der gescheiterte König. In: Jürgen Petersohn (Hrsg.), Mediaevalia Augiensia: Forschungen zur Geschichte des Mittelalters (Vorträge und Forschungen 54), Stuttgart 2001, S. 247–284.
  • Hansmartin Schwarzmaier: Friedrich II.. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 5, Duncker & Humblot, Berlin 1961, ISBN 3-428-00186-9, S. 589 f. (電子テキスト版).
  • Hansmartin Schwarzmaier: Friedrich II., Herzog von Schwaben (1090–1147). In: Lexikon des Mittelalters (LexMA). Band 4, Artemis & Winkler, München/Zürich 1989, ISBN 3-7608-8904-2, Sp. 959–960.
  • Christoph Waldecker: Friedrich II. (Schwaben). In: Biographisch-Bibliographisches Kirchenlexikon (BBKL). Band 25, Bautz, Nordhausen 2005, ISBN 3-88309-332-7, Sp. 447–458.
  • Paul Friedrich von Stälin (1878), "Friedrich II. (Herzog von Schwaben)", Allgemeine Deutsche Biographie (ADB) (in German), 8, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 32–34
  • Christoph Waldecker: Herzog Friedrich II. von Schwaben als Reichsregent 1116–1118. In: Sabine Happ und Christoph Waldecker (Hrsg.): Vergangenheit lebendig machen. Festgabe für Ingrid Heidrich zum 60. Geburtstag von ihren Schülerinnen und Schülern.Bonn 1999, S. 50–61.