フリードリヒ・ヴォルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フリードリヒ・ヴォルフ (1952)
フリードリヒ・ヴォルフ生誕100周年を記念した東ドイツの切手 (1988)。

フリードリヒ・ヴォルフ: Friedrich Wolf1888年12月23日 - 1953年10月5日)は、ノイヴィート生まれのドイツ医師作家共産党政治家

生涯[編集]

フリードリヒ・ヴォルフの父は、ユダヤ人商人のマックス・ヴォルフで、母はイーダ。1895年から1899年までユダヤ人小学校で勉強し、その後ノイヴィートのギムナジウムドイツ語版に進学。1907年から1912年まで医学哲学美術史ハイデルベルクミュンヘンテュービンゲンボンベルリンで勉強する。1912年にボンで医師国家試験に合格し、1913年に論文「幼年期の多発性硬化症」で博士号を修得した[1]

マイセンで実習(Praktikum)を終えた1914年、ボンとドレスデンに行き、カナダグリーンランドアメリカ合衆国航路の船医を務めた。同年、戦争が始まり、西部戦線で、のちに東部戦線でも軍医を務めた。たくさんの人が負傷したため、1916年以降は反戦論者になる。1917年に最初の散文戯曲を出版、1918年に軍役を拒否し、故郷にある傷痍軍人の病院で働いた。一般人向けに医療を提供するよう尽力し、自然療法を行った。

ヴォルフは、自然療法とホメオパシーのための診療所をシュトゥットガルトに開き、その間に、戯曲、小説、朗読、シナリオなどを手がける有名な作家にもなった。1928年からドイツ共産党の党員、プロレタリア的・革命的作家連盟ドイツ語版の会員になる。1929年に戯曲『青酸カリドイツ語版』が、刑法の堕胎条項をめぐる幅広い議論を読んだ。ヴォルフはすぐに逮捕されるまでに至り、職業的な堕胎の罪をかけられた。その後、彼はソ連に旅行した。

1932年春に、シュトゥットガルト共産主義的な情宣活動ドイツ語版を行う「南西遊戯団」を結成し、素人俳優によるアクチュアルなテーマでアジテーションのための演劇を上演した。彼の脚本と上演の芸術的なクオリティが高かったため、ヴュルテンベルクを越えて、知れ渡った。

フリードリヒ・ヴォルフは、ナチ党の権力掌握後に家族と一緒にオーストリア、スイス、フランスを経由してモスクワ亡命1937年国際旅団の医師として働くためにスペインに行こうとしたものの、1938年にはフランスに留まった。

ベルリンのフリードリヒフェルデ中央霊園ドイツ語版にあるフリードリヒ・ヴォルフの墓

1939年戦争が始まったとき、彼はパリで逮捕され、ル・ヴェルネ収容所ドイツ語版に収監された。ソ連の助けと偽造パスポートで、出国に成功。1941年にソ連国籍を取得し、モスクワに帰還、1943年7月にその地で自由ドイツ国民委員会の委員になる。1944年クラスノゴルスクで教師をする。

1945年からは再びドイツで生活をはじめる。この時の彼は東ドイツのアウフバウ世代に含まれる。作家および文化政治家として活動し、DEFAドイツ語版設立に参加する。1947年にダンサーで振付師のジャン・ヴァイトドイツ語版を迎える。1949年から1951年まではドイツ民主共和国の初のポーランド大使になる。1953年10月5日にフリードリヒ・ヴォルフは、レーニッツドイツ語版の仕事部屋で心筋梗塞で死去した。

彼の骨壷は、ベルリン・リヒテンベルクにあるフリードリヒフェルデ中央霊園ドイツ語版の社会主義者追悼場所に埋葬された。

表彰[編集]

作品[編集]

  • 1917年:Mohammed (Drama), Langemarck (Erzählung)
  • 1919年:Das bist du (Drama), Der Unbedingte (Drama)
  • 1921年:Die Schwarze Sonne (Drama)
  • 1922年:Tamar (Drama)
  • 1923年:Die Schrankkomödie (Drama), Der Arme Konrad. (Drama)
  • 1924年:Das Heldenepos des alten Bundes (jüdisches Volksepos)
  • 1925年:Kreatur (Roman), Der Bücherkreis, Berlin.
  • 1926年:Kolonne Hund (Drama), Äther (Hörspiel)
  • 1927年:Die Natur als Arzt und Helfer, Koritke (Drama), Der Kampf im Kohlenpott (Novelle)
  • 1928年:SOS … rao rao … Foyn – „Krassin“ rettet „Italia“ (Hörspiel)
  • 1929年:Cyankali (Drama)
  • 1930年:Die Matrosen von Cattaro (Drama), Tai Yang erwacht (Drama)
  • 1930年:John D. erobert die Welt (Hörspiel)
  • 1933年:Professor Mamlock (Drama)
  • 1934年:Floridsdorf (Drama)
  • 1935年:Das trojanische Pferd (Drama)
  • 1935年:Schriftsteller und Politik Ansprache auf dem 1. Amerikanischen Schriftstellerkongreß in New York[2]
  • 1938年:Zwei an der Grenze (Roman)
  • 1940年:Beaumarchais (Drama)
  • 1942年:Der Russenpelz (Novelle)
  • 1944年:Heimkehr der Söhne (Roman), Dr. Lilli Wanner (Drama)
  • 1945年:Der arme Konrad (Hörspiel), Professor Mamlock (Hörspiel)
  • 1945年:Was der Mensch säet (Drama)
  • 1946年:Die letzte Probe (Drama), Märchen für große und kleine Kinder (darin: [:de:[Die Weihnachtsgans Auguste (Märchen)|Die Weihnachtsgans Auguste]])
  • 1947年:Wie Tiere des Waldes (Drama)
  • 1948年:Die Nachtschwalbe (Libretto zur Oper von Boris Blacher)
  • 1949年:Der Rat der Götter (Filmszenarium), Bürgermeister Anna (Komödie)
  • 1952年:Menetekel (Roman), Thomas Müntzer (Drama, Filmexpose)
  • 1956年:Thomas Müntzer – Ein Film deutscher Geschichte (Szenario beziehungsweise Drehbuch)
  • 1975年:Der verschenkte Leutnant (Sammlung)

映画化[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Susanne Ruess: Stuttgarter jüdische Ärzte während des Nationalsozialismus, Königshausen & Neumann, Würzburg 2009, S. 316 Digisat
  2. ^ Zur Gründung der „League of American Writers“ am 26./27. April 1935; seine Rede in: Verbannung. Aufzeichnungen deutscher Schriftsteller im Exil. Wegner, Hamburg 1964, S. 256–259.

参考文献[編集]

  • Christel Berger: Friedrich Wolf in der zweiten Hälfte dieses Jahrhunderts. In: Berliner LeseZeichen. 1/99, Edition Luisenstadt, 1999.
  • Christel Berger: Friedrich Wolf 1953: Eine unvollständige Biographie rückwärts. Edition Schwarzdruck, Berlin 2006.
  • Daniel Halft: Die Szene wird zum Tribunal! Eine Studie zu den Beziehungen von Recht und Literatur am Beispiel des Schauspiels ‚Cyankali‘ von Friedrich Wolf. Berlin 2007, ISBN 978-3-8305-1420-6.
  • Stefan Gotthelf Hoffmann: Der andere Wolf. Fremde Einblicke in Leben und Werk Friedrich Wolfs (1888–1953). Edition Schwarzdruck, Berlin 2011, ISBN 978-3-935194-44-0.
  • Lew Homann (Hrsg.): Friedrich Wolf. Bilder einer deutschen Biographie. Henschel, Berlin 1988.
  • Henning Müller: Wer war Wolf? Friedrich Wolf (1888–1953) in Selbstzeugnissen, Bilddokumenten und Erinnerungen. Röderberg, Köln 1990.
  • Henning Müller: Friedrich Wolf : 1888–1953. Deutscher Jude, Schriftsteller, Sozialist. (Jüdische Miniaturen; Bd. 78) Hentrich & Hentrich, Berlin 2009 ISBN 978-3-938485-90-3.
  • Reinhard Müller: Was ist ein Mensch? Aus der Moskauer Kaderakte Friedrich Wolfs. In: Einspruch. Schriftenreihe der Friedrich-Wolf-Gesellschaft. Exil in der Sowjetunion. Hrsg. Von Hermann Haarmann und Christoph Hesse, Marburg 2010, S. 23-52.
  • Walther Pollatschek: Friedrich Wolf. Aufbau, Berlin 1963.
  • Wolf, Friedrich. In: Lexikon sozialistischer deutscher Schriftsteller. Leipzig 1964, S. 544-550 mit Bibliografie, S. 550.
  • Bernd-Rainer BarthWolf, Friedrich. In: Wer war wer in der DDR? 5. Ausgabe. Band 2. Links, Berlin 2010, ISBN 978-3-86153-561-4.

外部リンク[編集]