フリードリヒ・ユーベルヴェーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライヒリンゲン英語版にあるユーベルヴェークの説明

フリードリヒ・ユーベルヴェーク[1]ドイツ語:Friedrich Ueberweg1826年1月22日 - 1871年6月9日)は、ドイツ哲学者哲学史家

1862年から1866年にかけて著された哲学史家として偏りのない正確な記述がなされた[2]代表作『哲学史綱要ドイツ語版[3]』の著者として知られる。この『哲学史綱要』は出版当時は全3巻から成り立っていたが、多くの哲学史家が編集に携わり[4]、改訂や版を重ねて最大で全5巻からなる大著になった[5]

生涯[編集]

ユーベルヴェークの師であったフリードリヒ・アドルフ・トレンデンブルグ英語版

1826年1月22日、ドイツ・ライン地方ライヒリンゲン英語版ルター派牧師であった父ゴットリープ・フリードリヒ・ユーベルヴェーク(Gottlieb Friedrich Ueberweg)の元に生まれ、少年時代はデュッセルドルフの学校に通った。大学はゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲンフンボルト大学ベルリンで学び[2][4][5]1850年マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク博士号修得した。

1852年にはライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン私講師として働き、1862年にアルベルトゥス大学ケーニヒスベルクで員外教授として務め、1868年に正式な教授として哲学の教鞭を執った[2][4][5]

1662年から1866年にかけて代表作『哲学史綱要(ユーベルヴェーク大哲学史)』を執筆する。

1871年6月9日、ケーニヒスベルクで亡くなる。

思想[編集]

ユーベルヴェークは哲学史家として偏りのない正確な記述がなされた著作『哲学史綱要』を著しているが、哲学史家としての業績の他、師フリードリヒ・アドルフ・トレンデンブルグ英語版や同国出身の哲学者・神学者フリードリヒ・シュライアマハーの影響を受けて実在論的立場に立ち、実在論的認識論を説いて[6]ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの思弁的観念論の恣意的な構成を批判した[2]

晩年には自然主義の考えに傾倒し、唯物論者でもあった[7]

著作[編集]

  • 1850年、『De elementis animae mundi Platonicae』 - 学位論文
  • 1851年、『Prinzipien der Geometrie』
  • 1853年、『Die Entwicklung des Bewußtseins durch den Lehrer und Erzieher』
  • 1857年、『論理学体系(System der Logik und Geschichte der logischen Lehren)』
  • 1859年、『観念論、実在論、観念実在論について(Über Idealismus, Realismus und Idealrealismus)』
  • 1861年、『Über die Echtheit und Zeitfolge platonischer Schriften』
  • 1862年 - 1866年、『哲学史綱要(Grundriss der Geschichte der Philosophie)』 - 1932年に春秋社より邦訳版が刊行された
  • 1884年、『Schiller als Historiker und Philosoph』 - 死後刊行
  • 1889年、『Gesammelte philosophische Abhandlungen』 - 死後刊行

脚注[編集]

  1. ^ ユーベルベーク」、「ユーバーヴェーク」などの表記揺れがあるが、本記事では「ユーベルヴェーク」と統一して記述する。
  2. ^ a b c d 万有百科大事典 1974, p. 594.
  3. ^ 日本語訳では1932年出版された『ユーベルヴェーク大哲学史』のタイトルで知られる。
  4. ^ a b c 大日本百科事典 1967, p. 784.
  5. ^ a b c グランド現代百科事典 1983, p. 178.
  6. ^ 哲学事典 1973, p. 1421.
  7. ^ 岩波小辞典 哲学 1965, p. 204.

参考文献[編集]