フリューテッドアーマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フリューテッドアーマー(fluted armour, 溝付甲冑)とは、16世紀初頭に開発された西洋の甲冑の一種。神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の命により開発されたことから、マクシミリアン式ともいう。

概要[編集]

甲冑の重量を軽減するため、従来の甲冑より薄い鉄板を使用している。薄い鉄板の強度不足を補うため、表面に溝 (flute) 状の凹凸を打ち出し、それまで重さ40キログラムもあったものを18キログラムまで軽減した。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]