フリチョフ・ナンセン (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フリチョフ・ナンセン
KNM Fridtjof Nansen-2006-06-01-side.jpg
基本情報
建造所 ナバンティア フェロル造船所
運用者  ノルウェー海軍
艦種 フリゲート
級名 フリチョフ・ナンセン級
艦歴
発注 2000年6月23日
起工 2003年4月9日
進水 2004年6月3日
就役 2006年4月5日
要目
基準排水量 4,681トン
満載排水量 5,121トン
全長 132.0m
最大幅 16.8m
吃水 4.9m
機関 CODAG方式
主機 LM2500 ガスタービン × 1基
バサンBRAVO12V ディーゼル × 2基
出力 19.2MW / 4.5MW
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大 26ノット
航続距離 16ノットで4,500海里
乗員 120名
兵装 76mm単装砲 × 1基
Mk 41 VLS(8セル) × 1基
NSM SSM4連装発射筒 × 2基
324mm短魚雷連装発射管 × 2基
搭載機 リンクスもしくはNH90 × 1機
C4ISTAR イージスIWSリンク 11 / 14 / 16
Mk.99 ミサイルFCS × 2基
レーダー AN/SPY-1F 多機能
RSR 210N 対空・対水上
ソナー MRS 2000 艦底
CAPTAS Mk II V1 曳航
電子戦
対抗手段
CS-3701 ESM装置
DL-12T チャフフレア展開装置
テンプレートを表示

フリチョフ・ナンセンブークモールKNM Fridtjof Nansen, F 310)は、ノルウェー海軍フリゲートフリチョフ・ナンセン級フリゲートの1番艦。艦名は探検家および政治家であったフリチョフ・ナンセンに由来する。

艦歴[編集]

「フリチョフ・ナンセン」は、スペイン企業のナバンティアフェロル造船所で建造され、2003年4月9日起工、2004年6月3日進水、2006年4月5日に就役する。

2009年2月26日、ノルウェー政府は海賊事件が頻発しているソマリア沖・アデン湾への軍艦派遣を決定し、同年8月1日から欧州連合主導のアタランタ作戦参加し半年間の護衛任務に就く。臨検任務に対応するため海軍猟兵コマンドーが同乗している。アタランタ作戦参加にあたり新型艦載ヘリコプターNH90の配備が遅れているため常備艦載機は無しで当分の間を過ごすことになる。代替手段として2隻の複合艇(RHIBs)が装備され、スエズ運河通過後同年8月14日から実働作戦を開始し、早くも8月22日早朝には漁具を持たない不審漁船を調査中に武器を発見し乗員7人を一時拘束し、その後武器を押収の上でオランダ軍司令官と協議の結果、証拠不十分として水食料を与え解放した[1]。正午には海上自衛隊P-3C哨戒機による通報を受け、最寄りの位置にあったオランダ海軍フリゲート「F805 エヴェルトセン」からヘリコプターが発艦し、ソマリアから115海里でイエメン沿岸から42海里付近の現場に向けて急行し、不審船は戦うこと無く投降した[2]

沿岸戦隊フリゲート隊に所属し、ハーコンスヴァーン海軍基地を母港としている。

脚注[編集]

関連項目[編集]