フリスト・ボテフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フリスト・ボテフ
Христо Ботев
Hristo Botev
Hristo-Botev-circa-1875.jpg
生誕 1848年1月6日
死没 1876年6月1日

フリスト・ボテフ (1848年1月6日 - 1876年6月1日)は、ブルガリアの教育家、ジャーナリスト、革命家。

経歴[編集]

現在のブルガリアのカロフェルで生まれた。父ポテョ・ペトコフは教師であり、ブルガリア民族解放運動に関わっていた。地元で教育を受けた後、オデッサの高校に通う。1865年に高校を出たあと、ベッサラビアやオデッサで教師として教える[1]

故郷に帰還後、ブルガリア独立運動に身を投じる。この時に解放運動の[2]演説をしたことからルーマニアに亡命を余儀なくされる。革命家ヴァシル・レフスキと出会い意気投合する。ブカレストで共に活動した。運動の傍ら教師としてべッサラビアで教える。また亡命機関紙『亡命ブルガリア人の世界』の編集に携わる。レフスキが官憲に捕縛された

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]