フリカセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フリカセfricasé)は、ボリビアの代表的な料理。厚めに切った豚肉または鶏肉を少々辛いスープで長時間煮込んでつくる。

豚肉または鶏肉はあらかじめ油で軽く炒め、タマネギを細かく刻んだもの、少量のニンニクを加えて1〜2時間煮込む。香辛料としてクミン、黒胡椒オレガノアヒ・アマリージョ(黄唐辛子)を入れる。最後にお好みでパン粉を加える。 ジャガイモを茹でたものやチョクロ(大粒のトウモロコシ)を茹でたものが添えられることもある。

本来のフリカセは豚肉の料理であるが、ボリビアでは豚肉は高級食材であるので普段は鶏肉で作ることが多い。パーティーなどの特別なときにのみ豚肉で「本格的な」フリカセが作られる。 ボリビアの中でも、ラパスなどのアルティプラーノ地域でよく食べられる料理である。

なお、この料理はフランス料理フリカッセが原型であると思われる。