フラーテス1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フラーテス
Phraates
フラーテス1世
Phraates I.jpg
フラーテス1世のコイン
在位 紀元前176年 - 紀元前171年
戴冠式 紀元前176年

死去 紀元前171年
王家 アルサケス朝
父親 プリアパティオス
テンプレートを表示

フラーテス1世Phraates I、在位:紀元前176年 - 紀元前171年)は、アルサケス朝パルティア王国の王。プリアパティオスの息子、ミトラダテス1世の兄。プラアテスとも表記する[1]

生涯[編集]

父のプリアパティオスが亡くなると、パルティアの慣習にならって年長者であるフラーテス1世は王位に就いた。ほどなくしてカスピ海南方のエルブルズ山脈に住む種族マルディ族を武力制圧し、彼らをカスピ門近くのカラクスに定住させた。しかしその後まもなくしてフラーテス1世は亡くなるが、彼には成人した多くの息子がいたにもかかわらず、弟であるミトラダテス1世を後継者に選んだ。その理由はフラーテス1世自身、父という立場よりは王という立場に責任を負っているため、子供のことよりは祖国のことを顧慮すべきであり、勇気に秀でていた弟を選んだのだという。[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 合阪 1998,p436
  2. ^ 合阪 1998,p436
  3. ^ デベボイス 1993,p25

参考資料[編集]


先代:
プリアパティオス
パルティア王国の君主
前176年 - 前171年
次代:
ミトラダテス1世