フラヴィオ・モゲリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flavio Mogherini
フラヴィオ・モゲリーニ
生年月日 (1922-03-25) 1922年3月25日
没年月日 (1994-04-23) 1994年4月23日(72歳没)
出生地 イタリアの旗 イタリア トスカーナ州アレッツォ県アレッツォ
死没地 イタリアの旗 イタリア ラツィオ州ローマ県ローマ
職業 美術監督美術デザイナー衣裳デザイナー映画監督
ジャンル イタリア式コメディソード&サンダル剣戟映画
活動期間 1947年 - 1994年
活動内容 1947年 美術デザイナー
1972年 映画監督業に進出
1975年 監督に専念
著名な家族 フェデリカ・モゲリーニ(子)

フラヴィオ・モゲリーニFlavio Mogherini, 1922年3月25日 - 1994年4月23日)は、イタリア美術監督美術デザイナー衣裳デザイナー映画監督である[1][2]

来歴・人物[編集]

1922年(大正11年)3月25日トスカーナ州アレッツォ県アレッツォに生まれる[1]イタリア国立映画実験センターを卒業、映画界に入る。

第二次世界大戦後の1947年(昭和22年)、フィリッポ・ヴァルテル・ラッティ監督の『エレオノーラ・ドゥーゼ』の美術デザイナーとしてクレジットされたのが、もっとも古い記録である[1]。1950年代に入り、マリオ・モニチェリステーノが共同監督するコメディ映画の美術や衣裳を多く手がけ、1950年代末には、ピエトロ・フランチーシが監督した『ヘラクレス』(1958年)や『ヘラクレスの逆襲』(1959年)等のソード&サンダルと呼ばれる剣戟映画の美術を手がける[1]

1960年代に入ると、ピエル・パオロ・パゾリーニロベルト・ロッセリーニといった、世界的な映画作家の作品の美術を手がけると同時に、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ監督の『結婚戦争』(1966年)や『女性上位時代』(1968年)のようなイタリア式コメディのスタイリッシュな美術を造形した[1]。1962年(昭和37年)には、ナストロ・ダルジェント賞において、マウロ・ボロニーニ監督の『ビアンカ』での美術が評価され、ナストロ・ダルジェント美術賞を受賞した[1]

1972年(昭和47年)、『働きたくても何すりゃいいんだい?』で監督業に進出、1975年(昭和50年)に美術デザイナーを務めたマルコ・ヴィカリオ監督の『あゝ情熱』を最後に、監督業に専念した[1]

1994年(平成6年)4月23日ラツィオ州ローマ県ローマで死去した[1]。満72歳没。同年に発表した『愛憎犯罪』が遺作となる[1]

フィルモグラフィ[編集]

一部を除きインターネット・ムービー・データベースに掲載された一覧である[1]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代以降[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Flavio Mogherini, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2011年2月23日閲覧。
  2. ^ Flavio Mogherini, allmovie (英語), 2011年2月23日閲覧。

参考文献[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]