フランツ・ヨーゼフ・マクシミリアン・フォン・ロプコヴィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヨーゼフ・フォン・ロプコヴィッツ侯爵、アウグスト・フリードリヒ・エーレンハインツ(August Friedrich Oelenhainz)画

フランツ・ヨーゼフ・マクシミリアン・フォン・ロプコヴィッツFranz Joseph Maximilian Fürst von Lobkowitz, 1772年12月7日 ラウドニッツ英語版 - 1816年12月15日 ヴィッティンガウ英語版)は、オーストリアボヘミア系貴族、軍人、芸術愛好家。階級は陸軍少将。侯爵、ザーガン公爵、ラウドニッツ公爵。

生涯[編集]

フェルディナント・フォン・ロプコヴィッツ侯爵(Ferdinand Fürst von Lobkowitz, 1724年 - 1784年)とその妻でカリニャーノ公ルイージ・ヴィットーリオの娘であるガブリエッラ(1748年 - 1828年)の間の一人息子として生まれた。ランバル公爵夫人は母方の叔母にあたる。1792年8月2日、シュヴァルツェンベルク侯ヨーゼフ1世の娘カロリーネ(1775年 - 1816年)と結婚し、間に長男フェルディナント・ヨーゼフドイツ語版を始め12人の子女をもうけた。1786年にザーガン公領をクールラントペーター・フォン・ビロンに売却し、1789年に所領に由来するラウドニッツ公爵位を皇帝より授けられた。1803年に金羊毛騎士団の騎士に叙任された。

本職の軍務をこなすかたわら、美術、文学、音楽など芸術活動の熱心な後援者として知られていた。侯爵自身も音楽的才能を持ち、すぐれたバイオリン奏者だった[1]。ロプコヴィッツは経済力のない作曲家たちを支援し、彼らの作品が一般社会に認められるよう奔走した。フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの楽曲の注文主となり、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの作品が公の演奏会で紹介されるよう取り計い、彼らに活動資金を与えた。ロプコヴィッツはラウドニッツ城チェコ語版アイゼンベルク城ドイツ語版、ウィーンのロプコヴィッツ宮殿ドイツ語版の3つの居館それぞれにオーケストラを雇い入れており、時には自身もオーケストラと共演することもあった。ウィーン音楽愛好協会ドイツ語版、ボヘミア音楽文化振興協会、ウィーン演劇事業協会の会員でもあり、市民階層に芸術への関心を持たせる運動にも支援を行った。芸術振興に私財を惜しみなくつぎ込んだため、晩年には資金難に悩まされた。

ベートーヴェンの交響曲第3番「エロイカ」は、1804年にロプコヴィッツがラウドニッツ城付属オーケストラに演奏させたのが初演となった。

献呈[編集]

ハイドンは、以下の楽曲をロプコヴィッツに献呈している。

ベートーヴェンは、以下の楽曲をロプコヴィッツに献呈している[2]

脚注[編集]

  1. ^ Die ZEIT vom 5. Juli 2012, S. 18
  2. ^ 沖島博美 『プラハ迷宮の散歩道 百塔の都をさまよう愉しみ』 ダイヤモンド・ビッグ社、2016年、124頁。ISBN 978-4-478-04850-4

参考文献[編集]

  • Tomislav Volek und Jaroslav Macek, Beethoven's Rehearsals at the Lobkowitz's, in: The Musical Times, Jg. 127 (1986), S. 75–80
  • Jana Fojtíková und Tomislav Volek, Die Beethoveniana der Lobkowitz-Musiksammlung und ihre Kopisten, in: Beethoven und Böhmen. Beiträge zu Biographie und Wirkungsgeschichte Beethovens, hrsg. von Sieghard Brandenburg und Martella Gutiérrez-Denhoff, Bonn 1988, S. 219–258
  • Jaroslav Macek, Die Musik bei den Lobkowicz, in: Ludwig van Beethoven im Herzen Europas. Leben und Nachleben in den böhmischen Ländern, hrsg. von Oldřich Pulkert und Hans-Werner Küthen, Prag 2000, S. 171–216

外部リンク[編集]