フランツ・ボップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・ボップ

フランツ・ボップFranz Bopp1791年9月14日 - 1867年10月23日)は、インド・ヨーロッパ語族の比較研究で知られるドイツの言語学者。1825年からベルリン大学の教授を務めた。

インド・ヨーロッパ語族の源流を科学的に研究する比較言語学は、フランツ・ボップ、ラスムス・ラスク、そしてグリム兄弟として有名なヤーコプ・グリムの3人から始まった。この3人はウィリアム・ジョーンズ (言語学者)がヨーロッパ諸語とサンスクリットの共通点を指摘した後に出生、研究の初出年も生没年も近似している。

ボップはペルシャ語サンスクリットを学び「ギリシヤ・ラテン・ペルシャ・ゲルマン語動詞変化との比較におけるサンスクリットの動詞変化組織について」なる書籍を執筆し、刊行された1816年は、比較言語学スタートの年とされている。