フランツ・フィーベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フランツ・フィーベック(Franz Artur Viehböck、1960年8月24日-)は、ウィーン出身のオーストリア電気工学者で、同国初の宇宙飛行士である。

Clemens Lothallerとともに、ソビエト連邦とオーストリアの共同プロジェクトAustromir 91ポルトガル語版に選ばれた。2年間のトレーニングの後、彼はミッションに選ばれ、1991年10月2日ロシアアレクサンドル・ヴォルコフカザフスタントクタル・アウバキロフとともにソユーズTM-13バイコヌール宇宙基地から宇宙に飛び立った。

ミールでは、彼はアナトリー・アルツェバルスキーセルゲイ・クリカレフとともに医学、物理学等の15の実験を行った。フィーベックは7日と22時間の滞在の後、ソユーズTM-12で10月10日にカザフスタンに着陸した。

その後の2年間、彼はこのミッションについて多くの講演をこなし、アメリカ合衆国に渡ってロックウェル・インターナショナルで働いた。ロックウェルがボーイングに買収されると、彼はウィーン事務所の取締役となった[1]

フィーベックはニーダーエスターライヒ州に居住している。既婚であり、娘のCarinaは、彼が宇宙に滞在している間に生まれた。

出典[編集]

  1. ^ Boeing Opens Office in Vienna to Augment Service to European Customers”. Boeing (1999年6月14日). 2008年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]