フランツ・ストール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・ストール
出生名 Franz Kenneth Stahl
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
ジャンル ハードロックオルタナティブ・ロック
職業 ギタリスト
活動期間 1981年 - 現在
共同作業者 スクリーム
Wool
フー・ファイターズ
J

フランツ・ストールFranz Stahl1962年10月30日 - )はアメリカ合衆国ミュージシャンギタリスト。兄のピーター・ストールとのスクリーム、元ニルヴァーナデイヴ・グロール率いるフー・ファイターズでの活動で有名。

来歴[編集]

フランツと兄のピーターはバージニア州ベイリーズ・クロスローズで生まれ育った。彼らの父で弁護士のアーノルドは、ワシントンD.C.のロックバンド、The Hangmanのマネージメントを行っていた。[1]フランツはギターの練習を始めると、ベーシストスキーター・トンプソンと共に、地方のバンドを立ち上げた。1981年に2人はフランツの兄である、ピーター、そして、ケント・スタックスと共にバージニア州アレクサンドリアでバンド、スクリームを結成する。[2]
1990年にスクリームが解散した後、フランツとピーターはバンド、Woolを結成する。バンドはロンドンレコードよりアルバム、Box Setをリリーズするが[3]1996年に活動を休止してしまう。[4]
フランツが、当時Jをプロデュースしていた友人を訪ねた時、Jがツアーに向けて、ギタリストを必要としている事を知った。フランツはJに招待され、Jのバンドでギタリストを務めた。 当時、フー・ファイターズギタリストであるパット・スミアが脱退を決めていた為、Jとのツアー中にデイヴ・グロールより、バンドへの招待を受ける。ツアー終了後にフランツは承諾し、ラジオシティ・ミュージックホールにて、彼のデビューパフォーマンスを行う、わずか2日前にバンドに合流した。 フランツはバンドでの活動期間中、ゴジラ THE ALBUMに収録されている、A320に参加。[5]Xファイルのサウンドトラック、The X-Files: The Album用に再収録を行った、Walking After Youにも参加した。さらに、My Heroミュージック・ビデオにも出演。※My Heroはパット・スミアの在籍中に収録された曲なので、フランツはレコーディングに参加していない。
しかし、アルバムThere Is Nothing Left to Loseのレコーディングを行う前に、方向性の違いによりバンドを脱退する。フー・ファイターズでの活動は本人によると、「人生で最高の2年間だった。」という。[6]
脱退後は再びJ に招待され、2005年まで共に活動した。 フランツは現在、カリフォルニア州ハリウッドで生活をしており、最近ではボストン出身のバンド、DYSと曲作りに励んでいる。[7]2007年にはドキュメンタリー映画のOne California Dayに楽曲提供を行った。[8]

使用ギター[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]