フランチェスコ・レディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランチェスコ・レディ

フランチェスコ・レディ(Francesco Redi、1626年2月18日 - 1697年3月1日)は、イタリア医師アレッツォ生まれ。

一連の実験を行ったことでよく知られており、1668年に発表した Esperienze Intorno alla Generazione degl'Insetti(昆虫の世代についての実験)は、自然発生説と呼ばれる学説への反駁の第一歩となった。当時優勢だった自然発生説では、肉を腐敗させるとそこから自然にがわくとしていた。

その実験でレディは、6つのびんを用意し、それを3つずつ2グループに分けた。それぞれのグループの1つめのびんには未知の物体を入れ、2つめには魚の死骸、3つめには生の子牛肉の塊を入れた。そして一方のグループはびんの口に目の細かいガーゼをつけて空気しか出入りしないようにし、もう一方には何もつけないでそのままにしておいた。数日後、びんの口に何もつけなかった方はハエが自由に出入りできたため蛆がわき、ガーゼで覆った方には蛆はわかなかった。

次に彼は、蛆を捕らえてそれが変態するのを待つ実験を行った。蛆はハエになった。さらに死んだ蛆やハエを動物の死体や生肉と一緒にガーゼをかけたびんに入れておいたが、蛆はわかなかった。

レディは詩人でもあり、Bacchus in Tuscany[1] という詩で知られている。

火星にはレディの名を冠したクレーターがある。

レディはピサで亡くなった。

Rediは、植物の学名命名者を示す場合にフランチェスコ・レディを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]