フランチェスコ・アルバーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランチェスコ・アルバーニ
Francesco Albani
Francesco Albani, attributed to Francesco Albani.jpg
自画像
生誕1578年
ボローニャ
死没1660年10月4日
ボローニャ

フランチェスコ・アルバーニ(Francesco Albani 、Albanoとも、1578年[1] - 1660年10月4日)はイタリアの画家である。「ボローニャ派」 の画家の一人である。

略歴[編集]

ボローニャに生まれた。父親は絹商人で、息子を商売の道に進ませようとしたが、画家の道に進み、12歳になった時、フランドル出身でボローニャで働いていたマニエリスムの画家、デニス・カルヴァールト(Denijs Calvaert: c.1540-1619)の弟子になり、同じくカルヴァールトの弟子をしていたグイド・レーニと知り合った。レーニが通っていた「アカデミア・デリ・インカミナーティ」に加わった。この学校はアンニーバレ・カラッチアゴスティーノ・カラッチルドヴィコ・カラッチが運営していて、ドメニキーノやルーチョ・マッサーリ、ジョヴァンニ・ランフランコといったボローニャの画家たちを育成した。

1600年にアルバーニはローマに移り、アンニーバレ・カラッチの助手としてグイド・レーニとともに、パラッツォ・ファルネーゼのギャラリーの壁画を描いた。時の教皇クレメンス8世は政治的な背景もあって、この頃、ボローニャの画家たちを重用していた。ローマでサン・ジャコモ・デリ・スパニョーリ教会などの壁画を、レーニと共同で制作したりした。その後、1609年にボローニャ、1609年から1610年の間はヴィテルボ、1610年から1617年は再びローマで働いた後、ボローニャを拠点に、マントヴァ(1621–1622)、ローマ(1623–1625)、フィレンチェ(1633)で働いた。

宗教画や神話を題材に装飾画を描いた。

弟子にカルロ・チニャーニ(Carlo Cignani: 1628-1719)やアンドレア・サッキ(Andrea Sacchi: 1599-1661)がいる。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Puglisi, Catherine; Francesco Albani (1999). Francesco Albani. Yale University Press 

参考文献[編集]

  • Wittkower, Rudolf (1993). Art and Architecture Italy, 1600-1750. Penguin Books, Pelican History of Art. pp. 78–80, 82–83.
  • Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Albani, Francesco". Encyclopædia Britannica (11th ed.). Cambridge University Press.