フランチェスコ・アゾパルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フランチェスコ・アゾパルディFrancesco Azopardiまたはアッツォパルディ Azzopardi, *1748年5月5日 ノータビレ - †1809年2月6日 ヴィクトリア)はマルタ作曲家音楽理論家

音楽教育をマルタ島ナポリで受け、ムディナ大聖堂に勤める。1789年よりヴァレッタヨハネ大聖堂にも奉職。アゾパルディの作品に、オラトリオ《キリストの受難 La passione di Cristo 》や多くのミサ曲のほか、器楽曲がある。とりわけイタリア語の著作『作曲法 Il Musico Prattico 』によって著名であり、1786年にニコラ・エティエンヌ・フラメリの仏語訳が出版されたほどである。

参考文献[編集]

  • Spiridion Vincent Buhagiar, Francesco Azopardi (1748-1809): A Maltese Classical Composer, Theorist, and Teacher, Mediterranean Institute, University of Malta, Msida, Malta, 1999, Dissertation

外部リンク[編集]