フランソワ=マリー (初代ブロイ公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代ブロイ公爵フランソワ=マリー・ド・ブロイ
Portrait of François Marie de Broglie, Duke of Broglie, Marshal of France (member of the circle of Hyacinthe Rigaud).jpg
生誕 1671年1月11日
フランス王国の旗 フランス王国パリ
死没 1745年5月22日
フランス王国の旗 フランス王国ブロイ英語版
所属組織 フランス王国の旗 フランス王国
最終階級 フランス元帥
指揮 フランス王国軍英語版
戦闘
除隊後 フランス駐イギリス大使

初代ブロイ公爵フランソワ=マリー・ド・ブロイフランス語: François-Marie de Broglie1671年1月11日 - 1745年5月22日)は、フランス王国貴族、軍人、後にフランス元帥[1]

生涯[編集]

フランソワ=マリー・ド・ブロイは第2代ブロイ伯爵ヴィクトル=モーリス英語版の三男として生まれ、名前は祖父フランソワ=マリー英語版の名前に由来する。早くから軍人の道を歩み、23歳のときには騎兵連隊の大佐に昇進した[1]

スペイン継承戦争では継続して従軍、マルプラケの戦いに参加した。1710年、中将に昇進、終戦までヴィラール元帥の下でドゥナの戦いなどの戦役に参加した。戦後も軍に留まり、騎兵と竜騎兵の長官に昇進した。ブロイは外交でも活躍、1724年には駐英大使を務めた[1]

1733年にポーランド継承戦争が勃発すると、再び戦場に戻った。翌年にはフランス元帥に叙され、フランス軍の主要な指揮官の1人としてサン・ピエトロの戦いグアスタッラの戦いに参加した。エピソードの1つとしては、1734年9月17日にセッキア川英語版で襲撃を受けたとき、間一髪で捕虜にならず、逃走に成功した、というものがある[1]

1735年でも指揮の責務を全うしたが、アドリアン・モーリス・ド・ノアイユ英語版元帥と交替で更迭された。1740年にプロイセン王フリードリヒ2世が秘密裏にストラスブールを訪問したとき、アルザスの総督(Governor-general)だった[1]

オーストリア継承戦争中の1742年、ブロイはドイツにおけるフランス軍の指揮官に任命されたが、戦功は1742年5月25日のザハーイの戦いの勝利だけだった。この戦功により、ブロイはブロイ公爵に叙された。1743年に帰国、2年後に死去した[1]

家族[編集]

息子に第2代ブロイ公爵ヴィクトル=フランソワリュフェック侯爵シャルル=フランソワ英語版がいる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g  この記述にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Broglie, de". Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press.