フランソワーズ・ド・クロセー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランソワーズ・ド・クロセー
Francoise de Clossey
Francoise de Clossey.jpg
基本情報
生誕 1974年10月12日

フランソワーズ・ド・クロセーFrancoise de Clossey, 1974年10月12日 - )は、フランス系カナダ人ピアニストモントリオール生まれ。

来歴[編集]

1992年のケベック音楽コンクールの優勝者であり、1994年のカナダ音楽コンクールの優勝者である。クロセーは、モントリオールポーランドのジェロナグーラ、フェスティバル・デ・ラ・ヴィル・デ・パリ、ストラスブール、「ミュージカ・リバ」フェスティバル、ラビニア・フェスティバル、ロンドン・プロメナデスなど、多数の国際的な音楽祭でソリストとして演奏した。1996年、モントリオール大学でナタリー・ペピンの指導の下、コンサート奏者のディプロマ資格免除を取得し、NEM創設者であるロレーヌ・ヴァヤンクールと共に現代音楽を修めた。

クロセーはカナダ、スイスフランスイタリアロシア、ポーランドなどで数多くのコンサート公演をこなす一方、ヘンリク・グレツキの歌曲を世界で初めて公演したり、シャリーノグバイドゥーリナとも北米で初めて一緒に公演したりするなど、多彩な方面で独自の創作活動を展開している。レコード業界でも活躍は目覚しく、ポーランドのテレビ局が制作した「モントリオールのグレツキ」という短編映画などを含め、多数のラジオやテレビの録音演奏にも参加している。

クロセーはモントリオール大学、ローマサンタ・チェチーリア音楽院で教える他、ムジカ・リヴァ音楽祭に参加している。最近では2003年から一緒に組んでいるマウロ・マウルと、デュオ・シリーズ録音のため大手レコード会社と契約を結んだところである。2人のアーティストの天賦の才能、演奏の瑞々しさ、そして音楽的素質は世間の聴衆や評論家たちを唸らせ、世界的反響を起こしている。クロセーは近年、イサーク・カラブチェフスキーの指揮でヴィラ=ロボスの作品を演奏、有名なブラジル人シンガーソングライターのジルベルト・ジルと一緒に公演し、ラ・ドンナ2006年(女性2006年)「ベアト・アンジェリコ」国際賞の称号を授かった。

外部リンク[編集]