フランソワ・シモン・コルディエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フランソワ・シモン・コルディエ(François Simon Cordier、1797年1月28日1874年6月13日)はフランスの医師、植物学者である。フランスのキノコに関する著書、「フランスのキノコ、歴史、解説、栽培、使用」("Les Champignons de la France, histoire, description, culture, usages":1870)の著者である。

略歴[編集]

トロワで医学を学び、医師として働き、パリのコレラ流行時に働いた。パリ植物園で学び、多くの当時の植物学者たちと付き合った。1942年にフランス植物学会(Société botanique de France)の会員に選ばれた。

著書にはトロワの方言の辞書もある。

Cordierは、植物の学名命名者を示す場合にフランソワ・シモン・コルディエを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

「フランスのキノコ」の図版[編集]

著書[編集]

  • Les Champignons de la France, histoire, description, culture, usages, 1870
  • Dissertation sur la langue française, les patois, et plus particulièrement le patois de la Meuse, 1843
  • Funérailles du Dr J.-H. Léveillé. (5 février 1870.) Discours de M. Decaisne,.... Discours de M. le Dr Cordier,., 1870
  • Guide de l'amateur de champignons, ou Précis de l'histoire des champignons alimentaires, vénéreux, et employés dans les arts, qui croissent sur le sol de la France, 1826
  • Mémoire sur la possibilité de faire disparaître par le moyen du tatouage certaines taches ou naevi-materni de la peau, 1848

参考文献[編集]