フランソワ・アンリ・ピノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
François-Henri Pinault
Portrait de François-Henri Pinault pris aux journée de la terre en 2011 à l'unesco paris.jpg
Pinault in 2011
生誕 (1962-05-28) 1962年5月28日(57歳)
フランスの旗 フランス レンヌ
住居 フランスの旗 フランス パリ
国籍 フランスの旗 フランス
出身校 HEC Paris
職業 Kering会長
ケリング財団英語版会長
アルテミスグループ英語版社長
活動期間 1985年 -
活動拠点 イギリスの旗 イギリス ロンドン
純資産 US$30.6 billion (September 2018)[1]
取締役会 Kering
ケリング財団英語版
アルテミスグループ英語版
配偶者 Dorothée Lepère(1996年 - 2004年)
Salma Hayek(2009年 - )
子供 4
フランソワ・ピノー英語版
Louise Gautier

フランソワ・アンリ・ピノーFrançois-Henri Pinault, フランス語: [pino] ; (1962-05-28) 1962年5月28日生まれ)はフランスのビジネスマンで、2005年からケリング会長兼最高経営責任者(CEO)、2003年から投資会社・アルテミス社長。 彼のリーダーシップの下で、ケリングは小売業態を売却し、ラグジュアリーブランドとなった。

生い立ち[編集]

教育、初期のキャリア[編集]

フランソワ・アンリ・ピノーの父、フランソワ・ピノー英語版(François Pinault)は、Pinault S.Aの創始者で、後に同社はピノー・プランタン・ルドゥーテ、PPR、その後、ケリングになった。1985年、HEC School of Managementを卒業。在学中、他の仲間の学生とともに、既存のCRM会社Soft Computingを共同設立し、データベースソフトウェア開発者としてパリのHewlett-Packardでインターンシップをした。卒業後、ロサンゼルスのフランス領事館でファッションと新技術分野の研究を担当し、兵役を終えた[2][3]

1987年、PPR(当時Pinault Distribution)でキャリアを始めた。1988年に購買部門のマネージャー、1989年にフランスボワ産業(France Bois Industries)のヘッドマネージャー、1990年にPinault Distributionのヘッドマネージャーになった[4]

1990年代には、Pinault DistributionはPPRになり、小売業界における国際プレーヤーになった。フランソワ・アンリ・ピノーは、1993年にCFAOの社長に就任、1997年にフナックのCEOに就任した[5]

PPRからケリングに[編集]

2003年5月、PPRの副社長およびPinaultファミリーの資産を管理する持株会社であるArtemisの会長に就任した [5]。2005年3月、PPRの会長兼CEOに就任した [4]

グループの責任者として、彼はヨーロッパ市場へのPPRの密接な関係と、数多くのビジネスとの折衷的な組み合わせについて心配が大きくなった。 高成長分野を探した結果、彼はグループを、ファッションとラグジュアリーに向けた [6]。PPRの主要小売資産であるConforama 、 CFAO 、Printemps 、Fnac、La Redouteを売却。 その後PPRは、1999年から子会社のグッチグループと合併した。 グッチイヴ・サン=ローランボッテガヴェネタバレンシアガブシュロンアレクサンダーマックイーンステラマッカートニーの各ブランドは、現在PPRの幹部の直属のもとにあった。 スイスの時計メーカーGirard-Perregaux (2011)、イタリアのテーラーBrioni (2011)、香港の宝石商Qeelin (2012)、イタリアの宝石商Pomellato (2013)、イギリスのChristopher Kane (2013)、 ドイツ人デザイナーTomas Maier 、スイスの時計メーカー ユリス・ナルディン (2014)の買収により、高級ブランドのポートフォリオを拡大した。 ケリングはまた、 Puma (2007)およびVolcom (2011)の買収により、スポーツおよびライフスタイル部門を開発した。 彼は、ラグジュアリー(贅沢)とテキスタイル(繊維産業)において、汚染を劇的に減らすための新しい解決策を導入することによって、持続可能性を会社の柱にした[7]

2003年から2014年にかけて、PPRの売上高は半分以上減少したが、その利益は40%増加した[6]。2005年から2017年にかけて、当グループのラグジュアリー品(高級品)収入は30億から100億ユーロに増加した[8][9]

2013年6月、フランソワ・アンリ・ピノーは、グループの名前をPPRからKeringに変更した。新しい名前は彼のブルターニュのルーツを基にしたもので、「Ker」はその地域の方言で「家」を意味し、「思いやり(caring)」のように聞こえる[10][11]。2018年、売上高は前年比27%増の155億ユーロとなったため、彼はルイ・ヴィトンとグッチの業績を長期的に上回ると発表した[12]

2018年、ケリングのスポーツ&ライフスタイル部門からの撤退と、ラグジュアリー部門のみに集中することを確認した[13]

その他の役割[編集]

  • FinancièrePinaultのマネージャー
  • GroupeArtémisの社長
  • Soft Computingの共同創設者およびボードメンバー[3]
  • Electronic Business Groupの創設者(2000)
  • フランスリーグ1フットボールクラブ、 Stade Rennaisの所有者
  • ChâteauLatourの管理委員会のメンバー
  • クリスティーズの役員

コミットメント[編集]

2008年、フランソワ・アンリ・ピノーは、女性の権利を擁護し促進するためにKering Foundationを設立した [14]。2015年、ケリングはカンヌ国際映画祭と共にWomen in Motionプログラムを開始し、映画業界におけるジェンダー問題を提起した [15]

フランソワ・アンリ・ピノーは Richard Bransonが設立した非営利団体 The B Teamのメンバー [16]。2009年、彼は地球上の様々な場所の空撮映像を示し、人類がどのように地球の生態学的バランスを脅かしているかについて議論するYann Arthus-Bertrandによるドキュメンタリー映画Homeに資金を供給した [17]。 2018年1月、ケリングはコーポレートナイツ グローバル100インデックスで持続可能なトップテキスタイル、アパレル、高級品企業に選ばれた [18]

2016年6月、彼の父親のフランソワ・ピノーとともに、ピノー家の芸術コレクションの一部を収容することになっているパリのBourse de Commerceビルの改修プロジェクトを紹介した [19]

投資会社アルテミス(Artémis)を通じて、2015年にクルーズ船の運航会社Compagnie du Ponantに投資し[20]、2017年に技術投資会社Red River Westに投資した[21]。2019年4月15日、大規模な火災のあったノートルダム寺院の再建に1億ユーロ(約120億円)を寄付すると表明した[22]

賞と栄誉[編集]

私生活[編集]

フランソワ・アンリ・ピノーは、1996年から2004年にかけてDorothéeLepèreと結婚し、2人の子供、息子François(1999年生)と娘のMathilde(2001年生)がいる [28]

スーパーモデルのリンダ・エヴァンジェリスタと2006年10月から2006年1月にかけて交際、二人の間には2006年10月オーガスティン・ジェームズ・エヴァンジェリスタが生まれた[29][30]

2006年4月、女優サルマ・ハエックと交際を始めた。 2007年3月、ハイエクが妊娠していたことが報じられ、同月後半、婚約した [31]。二人の間には2007年9月21日に娘Valentinaが生まれた[32][33]。 二人は2009年2月14日、パリの6区の市庁舎で結婚した。 2ヵ月後の2009年4月25日、ヴェネツィアの家族や友人の前で結婚式の誓いを更新した[34]

フランソワ・アンリ・ピノーは、アイダホ州サンバレーで毎年開催されている投資銀行Allen&Co .の一週間に及ぶ会議に、彼の妻と共に定期的に参加している [35][36]

参考文献[編集]

  1. ^ “Francois Pinault & family” (英語). Forbes. https://www.forbes.com/profile/francois-pinault/ 2018年9月13日閲覧。 
  2. ^ François-Henri Pinault (PPR) : le nouvel empire” (フランス語). Journaldunet.com (2000年12月7日). 2017年4月23日閲覧。
  3. ^ a b Joe Einhorn (2012年8月5日). “Meet Le Geek: Francois-Henri Pinault”. Techcrunch.com. 2017年4月23日閲覧。
  4. ^ a b Biography”. Kering.com. 2017年4月23日閲覧。
  5. ^ a b Peter Gumbel (2009年9月2日). “The new king of luxury”. Fortune.com. 2017年4月23日閲覧。
  6. ^ a b François-Henri Pinault (2014年3月). “Kering’s CEO on Finding the Elusive Formula for Growing Acquired Brands”. Hbr.org. 2019年1月30日閲覧。
  7. ^ Elizabeth Paton (2017年1月25日). “François-Henri Pinault, Kering Chief, on Why Green Is the New Black”. Nytimes.com. 2019年1月30日閲覧。
  8. ^ Goods activity: Gucci Group”. Scribd.com (2005年). 2018年7月4日閲覧。
  9. ^ Maura Brannigan (2018年2月13日). “Kering is appropriately freaking out over its most profitable year on the record”. Fashonista.com. 2018年7月4日閲覧。
  10. ^ François-Henri Pinault's Luxury Group PPR Changes Name to Kering”. Pusuitist.com. 2017年4月23日閲覧。
  11. ^ Molly Fischer (2015年4月2日). “Flyby”. Newyorker.com. 2017年4月23日閲覧。
  12. ^ Harriet Agnew (2016年2月13日). “Pinault looks ahead at Louis Vuitton as Gucci grows”. Ft.com. 2019年1月30日閲覧。
  13. ^ Chris Reiter (2018年1月11日). “Kering Pares Back Its Puma Shares to Focus on Luxury Goods”. Bloomberg.com. 2018年7月4日閲覧。
  14. ^ a b Vanity Fair Nominates François-Henri Pinault to Its Hall of Fame”. Vanityfair.com (2016年12月). 2017年4月23日閲覧。
  15. ^ Tatiana Siegel (2015年12月5日). “Cannes Fashion Partner Francois-Henri Pinault on His Festival Strategy and Why the Red Carpet Matters”. Hollywoodreporter.com. 2017年4月23日閲覧。
  16. ^ Biography”. Bteam.org. 2017年4月23日閲覧。
  17. ^ Information about the movie - Home - Un film de Yann Arthus-Bertrand”. Homethemovie.org. 2014年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月25日閲覧。
  18. ^ Lorelei Marfil (2018年1月23日). “Kering Named Most Sustainable Global Corporation”. Wwd.com. 2018年7月4日閲覧。
  19. ^ Tina Isaac-Goizé (2017年6月26日). “Pinault Presents Future Museum in Paris”. Vogue.com. 2018年7月4日閲覧。
  20. ^ Doug Gollan (2018年1月4日). “How The Billionaire Owner Of Gucci And Brioni Wants To Make Expedition Cruises Fashionable”. Forbes.com. 2019年1月30日閲覧。
  21. ^ Delphine Cuny (2017年6月27日). “Un fonds des Pinault va soutenir la French Tech aux Etats-Unis” (フランス語). Latribune.fr. 2019年1月30日閲覧。
  22. ^ ノートルダム寺院再建に120億円寄付、グッチ傘下に置く高級ブランドグループ会長が表明”. AFPBB News (2019年4月16日). 2019年4月16日閲覧。
  23. ^ “Décret du 14 avril 2006 portant promotion et nomination” (フランス語). Journal officiel de la République française. (2006年4月16日). https://www.legifrance.gouv.fr/affichTexte.do?cidTexte=JORFTEXT000000607329 2017年4月13日閲覧。 
  24. ^ Miles Socha (2015年12月8日). “Livia Firth Hands Out Inaugural GCC Awards in Paris”. Wwd.com. 2018年7月4日閲覧。
  25. ^ Francois-Henri Pinault, CEO of Kering, is Honored with ADL International Leadership Award”. Adl.org. 2017年4月23日閲覧。
  26. ^ The Best-Performing CEOs in the World 2018”. Hbr.org (2018年12月). 2019年1月30日閲覧。
  27. ^ 8: François-Henri Pinault”. Fortune.com (2018年). 2019年1月30日閲覧。
  28. ^ Clare O'Connor (2012年5月3日). “Billionaire Baby Daddy Drama: Linda Evangelista Takes Salma Hayek's Husband To Court”. Forbes.com. 2018年3月12日閲覧。
  29. ^ Laure Italiano (2011年7月1日). “Salma Hayek’s hubby fathered Linda Evangelista’s son”. Nypost.com. 2017年4月23日閲覧。
  30. ^ Salma Hayek's Husband, François-Henri Pinault, Is the Father of Linda Evangelista's Son”. People.com (2016年9月23日). 2017年4月23日閲覧。
  31. ^ Norman (2007年3月9日). “Salma Hayek: Engaged and Pregnant!”. People. 2014年1月28日閲覧。
  32. ^ Salma Hayek Has a Baby Girl”. People (2007年9月22日). 2014年1月28日閲覧。
  33. ^ Francois-Henri Pinault biography”. Browse Biography (2010年12月12日). 2012年5月5日閲覧。
  34. ^ Vicki Hyman/The Star-Ledger (2009年4月27日). “Star-Ledger article on remarriage in Venice”. Nj.com. 2011年7月13日閲覧。
  35. ^ Aly Weisman (2015年7月10日). “24 power couples at Allen & Co.'s annual 'summer camp for billionaires'”. Businessinsider.fr. 2018年7月4日閲覧。
  36. ^ Vanessa Friedman (2017年7月19日). “How to dress down like a power player”. Nytimes.com. 2018年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]