フランス国社会党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュール・ゲード
エドゥアール・ヴァイヤン

フランス国社会党(フランスこくしゃかいとう / フランス語: Parti Socialiste de France)は1902年に結成され1905年まで存続したフランス社会主義政党。略称は「PSDF」。

概要[編集]

現在のフランス社会党の源流の一つ。訳語としては「フランス社会党」とする場合もある。

沿革[編集]

19世紀末から20世紀初頭にかけてのフランスの社会主義運動は、政党が乱立し政治的には四分五裂の状態に陥り、大同団結して単一の社会主義政党を設立することが求められていた。しかし1899年アレクサンドル・ミルランの入閣問題をめぐり社会主義者は支持派・反対派に分かれて対立し、早期の統一は困難な状態にあった。このため左派(入閣反対派)では、ジュール・ゲードに指導され集産主義を掲げる労働党(POF)と、エドゥアール・ヴァイヤンÉdouard Vaillant)に指導されブランキズム的傾向を持つ革命的社会党(PSR)が1902年まず合同して「フランス国社会党」を結成、ゲードが指導的地位に就いた。

こののち党が加盟する第二インターナショナル(労働者インターナショナル)は1904年アムステルダム大会で、フランスにおける社会主義政党の分裂を心配し単一の党にまとまるべきことを決議した。フランス国社会党はこの決議を受け入れ、1902年に右派(入閣支持派)によりジャン・ジョレスを中心に結党されたフランス社会党(PSF)との合同に踏みきり、1905年第二インター・フランス支部としてのフランス社会党(SFIO)[1]が発足した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 新田俊三 「フランス社会党」 『現代マルクス=レーニン主義事典』(下) 社会思想社1981年
  • 古賀英三郎 「フランス社会主義」 『社会思想事典』 中央大学出版部1982年
  • 堀井敏夫 「社会党[フランス]」「労働党[フランス]」 『新編西洋史辞典』 東京創元社1983年

注釈[編集]

  1. ^ 現在の社会党(PS)の前身となった党であり、「旧社会党」「統一社会党」とも称される。