2016年ニーストラックテロ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2016年ニーストラックテロ事件
The Promenade des Anglais
2016 Nice attack.png
トラックが走ったルート
場所 フランスの旗 フランス ニース プロムナード・デ・ザングレ
座標 北緯43度41分37秒 東経7度15分20秒 / 北緯43.693616度 東経7.255654度 / 43.693616; 7.255654座標: 北緯43度41分37秒 東経7度15分20秒 / 北緯43.693616度 東経7.255654度 / 43.693616; 7.255654
日付 2016年7月14日 (2016-07-14) (パリ祭)
22:45 CEST (UTC+02:00)
攻撃手段 車両
武器 25トントラック[1]、ライフル銃
死亡者 84人[2][3][4][1]
負傷者 202人[5]
犯人 フランス・チュニジアの二重国籍の男(31歳)[6][7] その他共犯5人(2人のフランス・チュニジア二重国籍男性、1人のチュニジア人男性、1人のアルバニア人男性、1人のフランス・アルバニア二重国籍の女性)[8]
対処 容疑者を射殺

2016年ニーストラックテロ事件(2016ねんニーストラックテロじけん、英:2016 Nice truck attack[9]、または2016 Nice attack)は、2016年7月14日(現地時間)にフランスの南部・ニース遊歩道プロムナード・デ・ザングレにおいて、花火の見物をしていた人々の列にトラックが突っ込んだ事件[10]である。フランスの検察当局はテロ事件として捜査[11]。この事件により少なくとも84人が死亡し、202人の負傷者が出た[1][5]

概要[編集]

この事件は、花火の打ち上げが終わった後に、人々が帰る中で発生したもの[10]である。フランスでは、7月14日のバスティーユ襲撃にちなみフランス革命を祝うパリ祭の日にあたっていて、国内の主な都市では軍事パレードや花火が行われていた[12]

事件当時、海岸沿いにある道路一帯は車両の通行が規制されていたものの、犯人の男は、トラックをおよそ2キロにわたって人ごみの中を暴走させた。 事件の目撃者によれば、実行犯はトラックでジグザグ運転し、子供を含む通行人をはねていき、1マイル以上走行したという[13]。 その後銃を乱射したが、その後警察官に射殺された[1][11]。そのトラックからは2丁のライフル銃が押収[11]。フランスのメディアによれば「今回のテロ事件は革命記念日を狙った計画的なものだ」とした上で、「事件を引き起こしたトラック運転手の男の背後には組織的な犯行グループがいる可能性が高い」という[12]

また、実行犯が事前にトラックのルートを下調べしていたことがわかっている。CCTVの録画映像によれば、実行犯はテロ数日前に19トントラックで景色を調べながらプロムナード・デ・ザングレをゆっくりと運転していた[13]。 実行犯は2016年7月11日から14日にかけて12回もトラックでプロムナード・デ・ザングレ沿いを運転していた[14]

2016年7月14日、フランスのフランソワ・オランド大統領は2015年11月に発生したパリ同時多発テロ事件を受けて発令した非常事態宣言について、この2016年7月26日付けで解除する方針を明らかにしていた[10]。オランド大統領は2015年11月のパリと今回のニースでのテロを防ぐことができなかったことで批判されている中、2016年7月17日にフランスの結束を呼びかけた[15]。だがフランス共和党ニコラ・サルコジ党首は、過去18か月にわたってフランス政府がやるべき事をやっていないとしオランド大統領を非難した。その翌日にはフランスのマニュエル・ヴァルス首相がテロの犠牲者へ黙祷をする前後に群集からブーイングを浴びた[16]

実行犯・容疑者[編集]

トラックテロ攻撃の主犯はチュニジア生まれでフランス居住権も有していた[17]

トラックテロの実行犯の電話やパソコンの記録から、実行犯は数人の仲間と共に一年前から犯行を準備していたことが明かになった[8]

主犯はテロ事件前、73歳の友人とみられる人物にトラックの借り方をたずねていたという。 主犯は、その73歳にISILのビデオを見たことがあるかとたずねたが、その73歳はNoと答えた。主犯はその後パソコンを開きその73歳にひどい映像をみせた[18]

2016年7月17日時点で7人が勾留されており[19]、それら容疑者達は主犯に武器を提供したと考えられている。ISILはそれらをISILの兵士達と形容している[17]

2016年7月21日の時点で5人が共犯の容疑にかけられており、4人が男性(2人がフランス・チュニジア二重国籍、1人がチュニジア人、1人がアルバニア人)、1人が女性(フランス・アルバニア二重国籍)である。22歳の共犯容疑者の居住地下室からはAK-47と弾薬が見つかっている[8]

フランスのテロリズムへの脆弱性[編集]

フランスの人口の約10%がムスリムであり、彼らがイスラム過激派になる下地が形成されている。 ニースでのテロの実行犯は4月からモスクに通うようになったと言われ、数か月の間に急激にイスラム過激派になったと報告されている[15] [19]

2016年7月15日の時点では、ニースでのテロとISILの関連性は明確ではないが、フランスは欧州の国家の中でも最も多くの兵士を対ISIL戦に送り出している[20]。フランスはシェンゲン圏内にありテロリストや武器の移動を防ぐことができない。2015年11月のパリ同時多発テロ事件のテロリスト達はブリュッセルを拠点としていたのであり、シェンゲン協定を利用してブリュッセル・パリ間を自由に行き来していたのである。もしニースのテロの実行犯がISILに影響されて殺戮を行ったとすれば、フランスはイスラム過激派によるテロに脆弱であることが今回の事件でも示されたことになる[20]

移民政策

2016年7月15日、アメリカのジェフ・セッションズ上院議員がニースでのテロ事件に関して移民政策はテロへの脆弱性を高めると論じた。「フランスにおけるムスリムの人口は西ヨーロッパで最大であり、不幸にしてそれらムスリムは同化に抵抗しフランス文化を拒絶し自らをフランス社会から隔離する道を選んでいる[21]。 既に何度も見てきているように、これがイスラム過激主義と暴力につながっているのだ。我々米国国民も日に日にフランスと同じ問題を抱えるようになってきている。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件以来およそ150万ものムスリム移民に米国定住許可を与えている。バラク・オバマが大統領の任期を終えるまでにオバマは米国の移民政策を今まで以上に脆弱にするだろう。 米国民は、テロとつながりのある国家からの移民に米国がどれだけ寛容かを理解せねばならない。 米国民はフランスのために悲しむと同時に、移民政策をより注意深く行わない限り米国が新たなテロ攻撃をうける可能性が高まることは覚えておかねばならない」とセッションズ上院議員は述べた[21]

ポーランドマリューシュ・ブワシチク英語版内務大臣もトラックテロ事件はフランスの多文化主義の結果だと述べた[22]。ブワシチク内務大臣はフランスとポーランドの状況の違いは移民政策にあると考え、ポーランド、ハンガリースロバキアチェコのような国は移民受け入れを望んでいないためにフランスほどテロの脅威にさらされていないことを指摘した。ブワシチク内務大臣は、ポーランド政府が大量移民を拒絶することでその他の西洋諸国の二の舞を避けることを望むと述べている[22]

フランス国外の反応[編集]

  • イギリスの旗 イギリス - ボリス・ジョンソン外務大臣は7月15日、ニースでのおぞましい事件にショックで胸が締め付けられる思いであり、イギリスの思いは仏国・ニースの人々と同じであると述べた[23]
  • アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 - バラク・オバマ大統領は7月14日、今回のトラック突入についてテロと断定したうえで「無実の市民を殺傷した恐ろしいテロを最も強い言葉で非難する」という趣旨の声明を明らかにし、フランス政府に対して捜査に関しての全面支援を示した[24]
  • 日本の旗 日本 - 安倍晋三首相も7月15日、犠牲者への哀悼の意と負傷者に対するお見舞いを述べた上で、フランスを始めとする各国と連携しテロに対して断固とした対応を取っていくことを表明した[25]
  • 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 - 李克強首相は7月15日に「犠牲者に深い哀悼の意を表する。この行為に断固反対する」と記者団に対して述べた[26]
  • 欧州連合の旗 欧州連合 - ドナルド・トゥスク欧州理事会議長は7月15日に「我々は犠牲者の家族やフランスの人々、政府と連帯して暴力に対抗していく」とコメントしている[26]
  • ロシアの旗 ロシア - ロシア大統領府は7月15日、ウラジミール・プーチン大統領がオランド大統領へ弔電を送ったことを明らかにした。その中で、「テロリズムと徹底的に戦うために、文明的な人類全体の力を結集せねばならない」と述べた[27]

影響[編集]

交通
7月15日時点でニースでの事件による交通機関の大きな乱れは報告されておらず、ユーロスターはニースに通常どおり運転、空の便にも乱れはない。
だが、ブリティッシュ・エアウェイズイージージェットはニース行きの乗客に予約変更の選択肢を与えている[28]
経済
2015年12月に行われたWTTCの調査によれば、2015年11月のパリ同時多発テロ事件の影響は13か月続き、観光客数やホテル予約数を減らすだろうと考えられている。
今回のニースでの事件はフランスの都市がテロリズムに脆弱であるという懸念を広めるだろうとみられている[28]
2016年7月15日から23日までの期間で、ニースへのフライト予約件数は前年度と比較して57%減少している。エールフランスKLMもアメリカや中国からの観光客の需要が減少していることに懸念を示している[29]
フランス政府への信頼
テロ事件直後にIfopが行った世論調査によれば、フランス政府が十分なテロ対策を講じていないと考えるフランス有権者は全体の約7割を占めた[30]
非常事態宣言
フランス国民議会非常事態宣言を2017年1月末まで継続させることを決定した[31]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “仏トラック突入の犠牲者84人に、射殺された男はチュニジア出身”. ロイター. (2016年7月15日). http://jp.reuters.com/article/france-crash-idJPKCN0ZU2O3 2016年7月15日閲覧。 
  2. ^ “EN DIRECT - Attentat sur la promenade des Anglais à Nice” (French). France: Le Figaro. http://www.lefigaro.fr/actualite-france/2016/07/14/01016-20160714LIVWWW00269-attentat-nice-promenade-des-anglais.php 2016年7月14日閲覧。 
  3. ^ “At Least 77 Dead After Truck Plows Into Crowd in Nice”. ABC. http://abcnews.go.com/International/nice-lockdown-amid-fears-terror-attack/story?id=40590537&cid=abcn_tco 2016年7月15日閲覧。 
  4. ^ Almasy, Steve. “Live updates: Truck driver attacks crowd in Nice, killing dozens”. CNN. http://www.cnn.com/2016/07/14/europe/nice-truck-attack-live-blog/index.html?sr=twcnni071516nice-truck-attack-live-blog0106AMVODtopLink&linkId=26580389 2016年7月14日閲覧。 
  5. ^ a b “仏でテロ、84人死亡=202人負傷、群衆にトラック突入-16日から3日間服喪”. 時事通信. (2016年7月16日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016071500639&g=isk 2016年7月16日閲覧。 
  6. ^ 'Truck attack' on Bastille Day in Nice”. Russia: Russia Today. 2016年7月14日閲覧。
  7. ^ “仏ニースのテロ、死者84人に 容疑者は地元在住の31歳”. 日本経済新聞. (2016年7月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM15H7K_V10C16A7MM8000/ 2016年7月15日閲覧。 
  8. ^ a b c Nice attacker 'had planned truck rampage for nearly a year'H. Samuel, The Daily Telegraph, 21 Jul 2016
  9. ^ Nice truck attack: Knifeman held at scene was 'have-a-go hero' who tried to bring trail of carnage to a halt T. Morgan, J. Jalil and P. Allen, The Daily Telegraph, 17 Jul 2016
  10. ^ a b c “仏ニースで歩道にトラック突入、70人超死亡 テロ事案として捜査”. AFP. (2016年7月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094016 2016年7月15日閲覧。 
  11. ^ a b c “»仏 群衆にトラック突っ込み75人死亡、運転手射殺“テロ”で捜査”. TBS. (2016年7月15日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2821239.html 2016年7月15日閲覧。 
  12. ^ a b “「非常事態」解除目前の惨事 ホテルは野戦病院状態”. テレビ朝日. (2016年7月15日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000079225.html 2016年7月15日閲覧。 
  13. ^ a b Driver in Nice truck attack researched route ahead of massacre Fox News, 17 Jul 2016
  14. ^ Nice killer ‘made 12 reconnaissance trips in illegal lorry’ without being turned back D. Chazan, The Daily Telegraph, 23 Jul 2016
  15. ^ a b Bastille Day terrorist was radicalised within months and sent £84,000 to his Tunisian family days before attack D. Chazan, T. Morgan and C. Turner, The daily Telegraph, 17 Jul 2016
  16. ^ French PM booed at Nice tribute for victims of terror attack H. Samuel, D. Chazan, C. Turner and L. Willgress, The Daily Telegraph, 18 Jul 2016
  17. ^ a b Who is the Nice terror attack suspect? Everything we know so far about Mohamed Lahouaiej Bouhlel H. Samuel and T. Morgan, The Daily Telegraph, 18 Jul 2016
  18. ^ Bastille Day killer’s gay lover says he’d spit on his grave Y. Steinbuch, New York Post, 28 Jul 2016
  19. ^ a b Nice truck attacker recently radicalized, French PM says, as 2 more arrested over massacre RT, 17 Jul 2016
  20. ^ a b Analysis: Nice truck attack shows France's acute vulnerability to terrorism D. Blair, The Daily Telegraph, 15 Jul 2016
  21. ^ a b Jeff Sessions: Islamic Attacks Like Nice, Orlando Inevitable Unless Immigration Policy Change M. Moons, Breitbart News Network, 15 Jul 2016
  22. ^ a b Poland: Multiculturalism, Immigration, Political Correctness Responsible For Nice Attacks V. Hale, Breitbart News Network, 16 Jul 2016
  23. ^ Boris Johnson: Our thoughts are with people of Nice, France The Daily Telegraph, 15 Jul 2016
  24. ^ ワシントン=青木伸行 (2016年7月15日). “【仏トラックテロ】オバマ米大統領、フランスに捜査への全面支援伝達”. 産経ニュース. http://www.sankei.com/world/news/160715/wor1607150021-n1.html 2016年7月15日閲覧。 
  25. ^ 仏テロ事件 安倍首相「決して許されない」 NHK news web 2016年7月15日
  26. ^ a b ウランバートル=永井央紀 (2016年7月15日). “中国首相「犠牲者に哀悼の意」 仏トラック突入事件”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM15H2L_V10C16A7EAF000/ 2016年7月15日閲覧。 
  27. ^ “【仏トラックテロ】各国の非難相次ぐ オバマ米大統領、捜査全面支援伝達(2/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2016年7月15日). http://www.sankei.com/world/news/160715/wor1607150061-n2.html 2016年7月17日閲覧。 
  28. ^ a b Is France safe to visit? H. Morris, The Daily Telegraph, 15 Jul 2016
  29. ^ Flight bookings for Nice and France drop again after Bastille Day terror attack V. Bryan, Business Insider, 28 Jul 2016
  30. ^ 67% of French don’t trust govt to tackle terrorism – poll RT, 18 Jul 2016
  31. ^ French national assembly votes to extend state of emergency for another 6 months RT, 20 Jul 2016

関連項目[編集]