フランスの音楽専門教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

フランス音楽専門教育は、その多くがコンセルヴァトワールと呼ばれるフランス特有の教育機関である音楽院にて行われているが、一部は、大学や、研究センターなどおいても行われている。また、音楽院は、一般の教育機関における教育や大学のそれに比べ、専門課程が複雑に階層化されている。

一部、私立の音楽院が存在する他は、行政の運営する公立の音楽院が多くを占めている。なお、音楽院が、舞踊演劇といった他の芸術分野と共に組織されている場合があり、その際には、音楽院ではなく、音楽・舞踊学校、音楽・演劇学校、音楽・舞踊・演劇学校と呼ぶ場合がある。

フランスにおける音楽の教育機関には、二つの省が大きく関わっており、作曲器楽演奏などの音楽実践の分野には文化・コミュニケーション省が、音楽学などの研究や音楽教育などの分野には国民教育省が携わっている。また、軍楽隊の分野に関しては、国防省が携わっている。

音楽院の国家資格[編集]

フランスの音楽院には様々な修了資格が存在し、国際的に共通と見なされる学士修士博士の国家資格と、その位置づけにおいて齟齬を来す場合がある。欧州間での交換留学をより活性化するために、2010年には、欧州各国の音楽大学との教育課程の単位、国家資格の互換を達成させると言われているが(ボローニャプロセス、そのためには、フランスの音楽専門課程、国家資格(ディプロム)の特殊性を、他の諸国における専門課程に対して適応させる必要がある。

パリ、リヨンの両国立高等音楽院における専門教育の第一義は、国内外の様々なコンクールに耐えうる明日の音楽家育成とされる。発祥来、国立高等音楽院は、グランゼコールと近似のシステムを有した少数精鋭の専門教育機関として、国内の数多の音楽学校の中で構造的差異を保持してきた。その国立高等音楽院の国家資格は現在、移行期にあり、二種類の国家資格が平行して存在する。以前から存在するパリの国家専門資格 (DFS, diplôme de formation supérieure) 並びにリヨンの国家音楽高等研究資格 (DNESM, diplôme national d'etudes supérieures Musicales) は、各々バカロレア+4年に相当するが、2007年から導入された、両校共通の新しい国家高等資格 (DNS, Diplôme National Supérieur) は、バカロレア+3年とされた。DFS、DNSの次の課程として両校に存在する上級課程 (perfectionnement) で得られる資格は、国内で他に相当する国家資格が存在しないが、この2校においてのみ授与される資格である。2008年、パリ・リヨンの両国立高等音楽院は、ボローニャ宣言、ボローニャプロセスに基づき、欧州単位互換制度の学士(3年)、修士(2年)に相当する、第一高等課程 (Bac+3)、第二高等課程 (Bac+5) 制の導入に踏み切った。博士 (3年)に相当する第三高等課程 (Bac+8) は、検討準備中とされている。

両国立高等音楽院の国家資格が大学の学士、修士と同等とされることで浮上する問題が、地域圏立以下の行政管轄音楽院の国家資格の扱いである。地域圏立音楽院の前身である国立地方音楽院 (CNR) の時代のDEM、ならびに、その上級課程 (perfectionnement) において首席を取ることで得られたDEMSの両国家資格は、フランス国内では通用したが、国外では、音楽大学相当と見なされてこなかった。行政の管轄する音楽学校として国内に300校以上存在する音楽院の内、優秀な教育者や音楽家を有し、実績を持つ一部の公立音楽院においては、高等教育機関としての認定を獲得すべく、現在進行形で制度改革が行われている。 2007年、パリ地方音楽院ブローニュ=ビヤンクール地方音楽院の2校は、3年間の高等専門課程を設立し、国家音楽家専門資格 (DNSPM, Diplôme National Supérieur Professionnel de Musicien) または音楽・音楽学学士 (Licence de musique et musicologie) の国家資格の支給が可能となった。パリとブーローニュ・ビアンクールの両地方音楽院は、ソルボンヌ大学(パリ第4大学)と単位互換制度を設け、双方の機関で行われる専門課程を修了した場合に、音楽研究資格(DEM, Diplôme d'études musicales) を支給している。また、ソルボンヌ大学との提携は、パリ国立高等音楽・舞踊学校でも行われており、修了した場合、同音楽院の修了資格と共に、同大学より音楽学学士が発給されている。

高等教育以外のの音楽教育機関[編集]

行政による実践教育機関[編集]

現在、国および地方行政が管轄する音楽院は、以下の4形態に分類される。

国立高等音楽院 (CNSM, Conservatoire national supérieur de musique)
パリ国立高等音楽・舞踊学校 (CNSMDP)とリヨン国立高等音楽・舞踊学校 (CNSMDL)の2校存在する、文化・コミュニケーション省直属の行政的公施設法人。共に舞踊科を有するため、国立高等音楽・舞踊学校とも呼ばれる。
地域圏立音楽院 (CRR, Conservatoires à rayonnement régional)
地域圏立音楽院は22のフランスの地域圏海外地域圏におよび、41校存在する。2007年までは国の管轄であり、国立地方音楽院 (CNR, Conservatoire national de région) と呼ばれていたが、現在は国から地域圏首府へと、その行政管轄が移った。地方音楽院と呼ばれる場合が多い。
県立音楽院 (CRD, Conservatoires à rayonnement départemental)
県立音楽院は95の県におよび、105校存在する。2007年までは国の管轄であり、国立音楽学校 (ENM, école nationale de musique, ENM) と呼ばれていたが、現在は国から県都(県主要都市)へと、その行政管轄が移った。
コミューン立音楽院(CRC, Conservatoires à rayonnement communal ou intercommunal)
コミューン立音楽院は国家全般におよび、245校存在する。コミューンの概念が広範に渡るため、便宜上、市立音楽院、区立音楽院と訳を分けることがある。

それに加え、以下が存在する。

トゥールーズ高等音楽・舞踊研究センター (CESMD) cesmd-toulouse.fr
トゥールーズ地方音楽院とトゥールーズ第2大学によって作られた、音楽学校の機能を持つ機関。
陸軍軍楽音楽院(ヴェルサイユ、CMMAT)www.cmmat.info
軍楽隊養成のための、フランス国防省の管轄機関。

私立の音楽学校[編集]

など

高等教育機関[編集]

音楽の教育において高等教育機関と認定されている機関。

音楽実践[編集]

現在、専門的に音楽実践を学ぶことのできる高等教育機関として認定されている施設。

教員育成[編集]

フランスにおいて音楽教育者資格は、Diplôme d'État de professeur de musique (DE)と、Certificat d'aptitude aux fonctions de professeur de musique (CA)の二種類が存在する。

CA資格課程:

  • パリ国立高等音楽・舞踊学校 (CNSMDP) 音楽・舞踊教員養成科 (certificat d'aptitude ; CA)
  • リヨン国立高等・舞踊学校 (CNSMDL) 音楽・舞踊教員養成科 (certificat d'aptitude ; CA)

DE資格課程:

職業訓練課程(Congé individuel de formation, CIF):

音楽・舞踊教育者養成センター (Centre de formation à l'enseignement de la danse et de la musique)
全国に11校存在する。

  • ディジョン音楽・舞踊教育者養成センター (CEFEDEM) -
  • リヨン音楽・舞踊教育者養成センター (CEFEDEM) -
  • パリ音楽・舞踊教育者養成センター (CEFEDEM) -

音楽研究[編集]

音楽史音楽美学音楽教育学音楽理論音響技術といった、音楽に関係する諸分野の研究に関して教育指導を行う機関および、音楽教育者を育成する機関を挙げる。

教育形態[編集]

行政の運営する音楽院の教育形態

地方音楽院、県立音楽院、市立音楽院は学期制であり、学年末試験、学年末面接が行われる。地方音楽院、県立音楽院には、音楽専門資格課程が存在し、市立音楽院の第三課程には、子供やアマチュアのための資格課程がある。

  • 第一課程
    3-5年 (導入課程)
  • 第二課程
    3-5年
  • 第三課程
    2-5年
    第三課程には2種類の課程があり、そのいずれに進むかによって、取得できるディプロムが、音楽研究資格免状 (CFEM, certificat d'études musicale) と、国家職業指導資格 (DNOP, Diplôme National d'orientation professionnelle) とに別れる。しかし現在、この職業指導国家資格は準備中であり、依然として多くの学校がDEMの資格を発行している。
  • 専門課程(第三専門家進路指導課程)
    2-4年
    より高度な専門研究を目的としている生徒を指導する課程。現在、この課程を修了した場合、DEMが支給されているが、数年内に、国家専門進路資格 (DNOP, diplome national d'orientation professionnelle) への移行が必要とされている。

また、音楽院によっては、パリ・リヨンの両国立高等音楽院や、国外の音楽大学への入学試験準備課程として用意された上級講座 (perfectionnement) も存在する。

脚注[編集]

参考資料[編集]

  • Olivier Bellamy : l'enseignement supérieur de la musique en France : le grand chambardement, (2004) Encyclopaedia Universalis/Universalia 2004 ISBN 2-85229-331-5
  • Association Européenne des Conservatoires: Synopsis du système de formation musicale professionnelle en France
  • Isabelle Le Garo : Enseignement supérieur de la musique : adéquation entre politique des CNSMD et marché professionnel? Mémoire de DESS, Arsec - Lyon II
  • L'enseignement musical spécialisé en France (1re partie) par Mathieu Alvado
  • L'enseignement musical spécialisé en France (2e partie) par Mathieu Alvado
  • Ecoutez, c'est très simple par Marc-Olivier Dupin

関連項目[編集]

外部リンク[編集]