フランシス・ラッセル (第7代ベッドフォード公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第7代ベッドフォード公爵
フランシス・ラッセル
Francis Russell
7th Duke of Bedford
7thDukeOfBedford.jpg
第7代ベッドフォード公
生年月日 1788年5月13日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国イングランドロンドンベル・メル
没年月日 (1861-05-14) 1861年5月14日(73歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス・イングランド・ベッドフォードシャーウォバーン・アビー
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
所属政党 ホイッグ党
称号 第7代ベッドフォード公爵ガーター勲章勲爵士(KG)、枢密顧問官(PC)
配偶者 アンナ(旧姓スタンホープ)

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ピーターバラ選挙区英語版
ベッドフォードシャー選挙区英語版
在任期間 1809年3月14日 - 1812年10月8日
1812年10月14日 - 1832年12月10日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1833年1月15日 - 1861年5月14日[1]
テンプレートを表示

第7代ベッドフォード公爵フランシス・ラッセル英語: Francis Russell, 7th Duke of Bedford, KG, PC1788年5月13日 - 1861年5月14日)は、イギリスの貴族でホイッグ党の政治家。

経歴[編集]

1788年5月13日に後に第6代ベッドフォード公爵となるジョン・ラッセル卿とその妻ジョージアナ(Georgiana。第4代トリントン子爵ジョージ・ビング英語版の娘)の間の長男としてロンドンベル・メルに生まれる[2][3]。同母弟に陸軍軍人となるジョージ・ラッセル卿英語版(陸軍少将)、首相となる初代ラッセル伯爵ジョン・ラッセルがいる。また異母弟に海軍軍人となるエドワード・ラッセル卿英語版(海軍大将)、陸軍軍人となるチャールズ・ラッセル卿英語版(陸軍中佐)やアレグザンダー・ラッセル卿英語版(陸軍大将)などがいる[3]

ウェストミンスター・スクールで学んだあと、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ進学。1808年にマスター・オブ・アーツ英語版の学位を取得[2]

1802年3月2日に父が第6代ベッドフォード公爵位を継承したことにより、その法定推定相続人儀礼称号であるタヴィストック侯爵を名乗るようになった。1809年から1812年にかけてピーターバラ選挙区英語版から選出されてホイッグ党庶民院議員を務めた。1812年から1832年にかけてはベッドフォードシャー選挙区英語版から選出された[2]

1833年1月15日繰上勅書により父がいまだ存命のままストリーサムのホーランド男爵(Baron Howland of Streatham)を継承して貴族院議員に列した[2][1]

1839年10月20日の父の死去により第7代ベッドフォード公爵位を継承した[2][3]

先代と先々代の浪費で傾いた家計を立て直すため、徹底的な緊縮を行い、一時期には本邸のウォバーン・アビーを閉鎖したこともあった[4]。ホイッグ党の重鎮政治家で1846年から1852年と1865年から1866年にかけて首相を務めた弟のジョン・ラッセルは自身の政治資金を兄フランシスに請求していたが、最低限のお金しか送らないことに不満を抱いていた[5]

しかしフランシスは訪問客をもてなすことには出し惜しみをしなかった。1859年の1年間にウォバーン・アビーに招いた訪問客は1万2000人にも及ぶ。もてなしを主導したのは、彼の妻アンナ・マリアであり、英国の「アフタヌーン・ティー」の習慣は彼女のもてなしに由来すると言われている[5]

1846年7月6日には枢密顧問官に列する[2]1847年3月26日にはガーター勲章を授与された[2]。1859年から1861年にかけてはベッドフォード統監英語版に就任した[2]

1861年5月14日ウォバーン・アビーで死去。爵位は長男のウィリアム・ラッセル英語版が継承した[2]

栄典[編集]

爵位[編集]

1833年1月15日繰上勅書により以下の爵位を継承した。

  • サリー州におけるストリーサムの第7代ホウランド男爵 (7th Baron Howland, of Streatham in the County of Surrey)
    (1695年6月13日の勅許状によるイングランド貴族爵位)

1839年10月20日の父ジョン・ラッセルの死去により以下の爵位を継承。

勲章[編集]

家族[編集]

1808年8月8日陸軍大将第3代ハリントン伯爵英語版チャールズ・スタンホープ英語版の娘アンナ・マリア・スタンホープと結婚した。彼女は英国の「アフタヌーン・ティー」の習慣の起源として知られている[6]。アンナとの間に以下の子をもうけた[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c UK Parliament. “Mr Francis Russell” (英語). HANSARD 1803–2005. 2018年12月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k Lundy, Darryl. “Francis Russell, 7th Duke of Bedford” (英語). thepeerage.com. 2018年12月6日閲覧。
  3. ^ a b c d Heraldic Media Limited. “Bedford, Duke of (E, 1694)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2018年12月6日閲覧。
  4. ^ 森護 1987, p. 228.
  5. ^ a b 森護 1987, p. 229.
  6. ^ 森護 1987, p. 229-230.

参考文献[編集]

その他[編集]

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
フレンチ・ローレンス英語版
ウィリアム・エリオット英語版
ピーターバラ選挙区英語版選出庶民院議員
1809年1812年英語版
同職:ウィリアム・エリオット英語版
次代:
ウィリアム・エリオット英語版
ジョージ・ポンソンビー英語版
先代:
フランシス・ピム英語版
リチャード・フィッツパトリック英語版
ベッドフォードシャー選挙区英語版選出庶民院議員
1812年英語版1832年英語版
同職:フランシス・ピム英語版(1812–1818, 1820–1826)
サー・ジョン・オズボーン準男爵英語版(1818–1820)
トマス・ポター・マックイーン英語版(1826–1830)
ウィリアム・ステュアート英語版(1830–1831)
次代:
チャールズ・ラッセル卿英語版
ウィリアム・ステュアート英語版
名誉職
先代:
第2代ド・グレイ伯爵英語版
ベッドフォード統監英語版
1859年–1861年
次代:
第7代クーパー伯爵英語版
イングランドの爵位
先代:
ジョン・ラッセル
第7代ベッドフォード公爵
1839年–1861年
次代:
ウィリアム・ラッセル英語版
ストリーサムの第7代ホウランド男爵
(繰上勅書により)

1833年–1861年